旭区版 掲載号:2022年4月7日号 エリアトップへ

市政報告㉝ 身近な課題にもチャレンジ【2】 横浜市会議員 木内ひでかず

掲載号:2022年4月7日号

  • LINE
  • hatena

 私は令和4年度予算特別委員会の局別審査で、資源循環局に引き続き市民局の審査にも登壇し、マイナンバーカードの交付促進、災害ボランティア支援、インクルーシブスポーツ推進など7項目の身近な課題について質問しましたが、今回は2つのテーマを掘り下げて報告します。

オンライン手続の推進

 本市でも既に転出届のオンライン手続は導入しており、区役所の窓口に行く必要はなくご自宅などで時間も問わず可能で、このコロナ禍においては引越シーズンの窓口の混雑・密集緩和効果も見込まれます。また、住民票の写し等の証明発行についてはオンライン決済が可能で、従来の郵送請求での定額小為替を郵便局に買いにいくような手間が省けるなどのメリットもあります。

 このような市民の皆様の利便性向上が期待できるオンライン手続は今後も加速して進めるべきと考えており、当局からは、申請件数が多く比較的手続が簡易なものから順次進めて行くとの答弁がありました。

緊急防犯パトロール事業

 不要不急の外出を控えるこのコロナ禍では、街中の人出が減り「地域を見守る目」が薄くなっていましたが、市民の安全・安心を確保すべく地域の防犯活動を補完する上で、これまで実施してきた取組と来年度事業への考えを質しました。

 本市では、令和3年度に引き続き4年度も『緊急防犯パトロール事業』を実施していますが、具体的には青色回転灯を装着した防犯パトロール車両を各区に配置し、地域を所管する警察署と連携しながら平日の毎日、子どもたちの下校時間の安全確保や夜間帯の犯罪防止などを主な目的として巡回パトロールを行っています。なお、本事業は国の「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」を活用していますが、全労働者の5割以上に失職もしくは収入が大幅に減少した方々を雇用することが必要であり、コロナ禍で生活が困窮している方々を救済する側面もあります。

横浜市会議員 木内ひでかず

横浜市旭区二俣川2-58-12 Sビル 2F

TEL:045-366-7073

https://www.kiuchi-hidekazu.com/

旭区版の意見広告・議会報告最新6

「日常のくらしを守る外交政策を」

国民民主党参議院第1区総支部長・深作ヘスス外交を語る!

「日常のくらしを守る外交政策を」

横浜市会議員 こがゆ康弘

6月16日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月16日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月16日号

迫る危機への対応を急がねば!

意見広告

迫る危機への対応を急がねば!

横浜市会議員 佐藤 茂

6月9日号

15人に1人がヤングケアラー

市政報㉟

15人に1人がヤングケアラー

横浜市会議員 木内ひでかず

6月9日号

不妊治療の保険適用実現

意見広告

不妊治療の保険適用実現

 自由民主党 参議院議員 三原じゅん子/前内閣総理大臣・衆議院議員 菅義偉

6月2日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook