泉区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

要望・提案が多数反映 市会報告 医療・福祉関係者に助成拡大 横浜市会議員 げんなみ正保

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena

障害福祉の現場にも慰労金給付

 市会で9月16日に成立したコロナ対策第3次補正予算には、7月22日に公明党市議団が林市長に提出した「補正予算に向けた緊急要望書」の内容が多数反映されました。

 今回の補正予算の中では、障害福祉サービス事業所等の中でも経済的な影響を受けやすい障害者就労継続支援事業所が設備維持費等の助成対象となりました。

 都道府県において実施されている医療・福祉関係者への慰労金の支給については、私どもがヒアリングで頂いた声を、国会議員との連携により、具体的に第2次補正予算に盛り込むことができ、申請もスタートしています。また、障害福祉分野でも、わが党の働きかけにより、障害者総合支援法に定められる障害福祉サービスのみでなく「地域生活支援事業」を実施した事業所などの職員も対象となりました。

 これにより、障害福祉サービスを支える職員のほとんどに慰労金が給付されることになります。

 それに加え、横浜市が今回、独自に実施する「障害福祉サービス事業所職員に対する慰労金給付事業」により、さらに幅広い職員へ慰労金が給付されます。

 今後も障害のある人たちが安心してサービスを利用し続けられるよう、引き続き、障害福祉サービス事業所やその職員等への支援を市議団として市長に要望しました。

小児医療費助成2歳児まで所得制限撤廃

 子育て支援策の柱の一つである小児医療費助成について、9月議会の改正により1、2歳児の所得制限が令和3年4月より撤廃されることになりました。

 公明党は、平成4年に初めて横浜市会で小児医療費の無料化を提案し、平成7年1月より0歳児無料化を実現。以来、一貫して制度の拡充を求め、昨年4月には中学3年生まで対象を拡大し、公約を実現することができました。今回の改正で子育て世代の負担軽減がさらに前進します。

 3歳以上には所得制限が残るため、今後のさらなる緩和と合わせて、対象を18歳まで拡大するよう要望しています。本来であれば小児医療費助成制度は、全国どこに住んでも同じ医療を平等にうけることができるよう、国において全国一律の制度にすべきと考えますが、それまでは、本市においても着実な制度の拡充に向け働きかけるなど力を注いでまいります。

源波正保 

横浜市泉区和泉町3702井上ビル1F

TEL:045-802-5345

http://gennami.net/

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版の意見広告・議会報告最新6

認知症支援体制が拡充されます

市会報告

認知症支援体制が拡充されます

横浜市会議員 げんなみ正保

11月26日号

医療・福祉関係者に助成拡大

要望・提案が多数反映 市会報告

医療・福祉関係者に助成拡大

横浜市会議員 げんなみ正保

10月29日号

予算要望・提言を市長に提出

予算要望・提言を市長に提出

横浜市会議員 ふもと理恵

10月22日号

対談 横浜カジノ誘致の是非問う住民投票を!

対談 横浜カジノ誘致の是非問う住民投票を!

立憲民主党 衆議院議員 山崎誠

10月15日号

人生の節目を大切に

県政報告

人生の節目を大切に

神奈川県議会議員 田中しんじ

9月24日号

バス路線維持、充実へ

声をカタチに【1】

バス路線維持、充実へ

自民党 横浜市会議員 梶村充

9月24日号

泉ふれあいシールラリー

12/1~2/12 泉区の障害者福祉施設のお店を回ってみませんか!

http://www.shakyo-iy.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク