金沢区・磯子区版 掲載号:2014年7月31日号 エリアトップへ

「八携協定」で連携強化 8者で課題解決を

社会

掲載号:2014年7月31日号

  • LINE
  • hatena
8者の代表が会見
8者の代表が会見

 金沢区役所や京浜急行電鉄、横浜八景島など8者間で7月23日、「環境未来都市 横浜”かなざわ八携協定”」が締結された。地域温暖化や少子高齢化などの社会的課題を解決するため、鉄道事業者、地域、企業、大学が連携協力を約束した。

 協定締結者は京浜急行電鉄、横浜シーサイドライン、横浜商工会議所金沢支部、横浜八景島、学校法人関東学院、横浜市立大学、横浜金沢観光協会、金沢区役所の8者。林琢己区長は「区の呼びかけにこれだけのメンバーが応じてくださったのは意義があり画期的。個別に発信していたものをネットワーク化して、金沢区全体をブランド化していきたい」と意欲を示した。また、京急電鉄の原田一之社長は「1つの事業者だけでは限界がある。みんなで連携し地域活性化を促し、交流人口を増やしていきたい」と期待を寄せる。

 金沢区は市内でも少子高齢化の進んだ地域。人口流出も多く、横浜が近い将来直面するであろう課題を抱えている。また、横浜グリーンバレー構想を推進するなど温暖化対策のモデル地区でもある。「少子高齢化と地域温暖化対策は、環境未来都市の実現に欠かせないこと。区が積極的に”触媒”としての役割を果たし、課題を解決するために力を合わせていきたい」と林区長は話す。

 まずは第40回目となる「金沢まつり花火大会」(8月23日)や「スマートイルミネーション金沢」(10月4日)などのイベントで連携協力を行っていく予定だ。「区や企業、団体の個々の取り組みはすでにたくさんある。8者に限らず連携が広がれば、活動も活性化していくはず」と区政推進課の小川久美子課長。そのほか「団地再生のまちづくりの推進」や「ICTを活用した地域の課題解決モデルの推進」なども目指していくという。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

災害時援護者名簿を提供

磯子区役所

災害時援護者名簿を提供 社会

汐見台自治会連合会と協定

12月12日号

復活の市大会準優勝

ソフトボール横浜マリーンズ

復活の市大会準優勝 スポーツ

23年ぶりの決勝進出

12月12日号

地元食文化の発信地に

金沢八景

地元食文化の発信地に 文化

「むべ庵」で初イベント

12月5日号

藤野さんに感謝状

磯子区丸山不審火

藤野さんに感謝状 社会

不審者追跡、情報提供に

12月5日号

六浦東にこどもホスピス

六浦東にこどもホスピス 社会

県内初 2021年、開設へ

11月28日号

脱プラへ 木製ストロー

横浜市

脱プラへ 木製ストロー 社会

自治体初、間伐材で独自開発

11月28日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月21日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク