金沢区・磯子区版 掲載号:2014年8月28日号 エリアトップへ

古文書から見る金沢 第4回 文/飯塚玲子

掲載号:2014年8月28日号

  • LINE
  • hatena
田中医院のあった場所
田中医院のあった場所

 前回『元除編覧』という俳句の本を紹介したが、その本の中に葛飾派白芹の有力な門人で、「万岳」という六浦に住んでいた俳人の句が載っている。

 この人は金沢の俳人の中でも、本名がわかる数少ない人である。

 『葛飾蕉門文脈系図巻之五』という本によると、武州金沢六浦に住み、その名前を田中隼人、あるいは道悦といったという。また、皓月庵と号し医者でもあった(玄悦と書かれた資料もある) 。

 万岳は、文化10(1813)年3月には判者になっている。判者とは、句会などで句の優劣、可否などを判定する人の事である。

 六浦の元生協があった場所に、昭和40年代ぐらいまで、田中医院という病院があった。最近まで、名残の古い石垣が残されていた。その田中医院の医師の御先祖様が万岳である。江戸時代から、代々医者をしていたという。

 田中医院は、明治時代、3つの病棟に、病室が20もあり、2000坪を越す敷地があったという。三分小学校の校医もしていた。芥川龍之介も治療に通ったこともあった。
 

「元除編覧」の万岳の句
「元除編覧」の万岳の句

金沢区・磯子区版のコラム最新6

山火事で子孫を残す

金子さんの草花の不思議発見!第44回 ブラシノキ

山火事で子孫を残す

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

7月16日号

社の姿勢と目標が合致

SDGsパートナー新規認定【4】

社の姿勢と目標が合致 社会

金沢区 神奈川保健事業社

7月2日号

子育てって、楽しい♪

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらのイッピン

6月25日号

食用部は葉の変化

金子さんの草花の不思議発見!第43回 オニグルミ

食用部は葉の変化

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

6月25日号

変化に富んだ花の色

金子さんの草花の不思議発見!第42回 オオムラサキとサツキ

変化に富んだ花の色

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月30日号

お問い合わせ

外部リンク