金沢区・磯子区版 掲載号:2015年6月25日号 エリアトップへ

区内の名木古木【3】 龍華寺の「クロマツ」 金沢の海には松が似合う 日本自然保護協会自然観察指導員金子昇(富岡西在住)

掲載号:2015年6月25日号

  • LINE
  • hatena
龍華寺のクロマツ
龍華寺のクロマツ

 金沢区内の沿岸には「クロマツ」が多く生育しており、歌川広重の「金沢八景」にもクロマツが描かれています。名木古木のクロマツは龍華寺(2株)と旧円通寺で指定を受けています。

 クロマツは痩せ地でもよく育つため、他の植物が生育しにくい沿岸部で生育範囲を広げることができます。雄大なマツと青い海とのコントラストは見事にマッチしています。

 4〜5月頃、花は今年伸びた枝の先端に、赤紫色で球形状をした雌花を1〜3個、その基部にいくつかの褐色の球状をした雄花をつけます。受粉後雌花はそのまま翌年の秋まで成熟を続け、マツボックリ(球果)になります。球果は受粉した年は緑色で小さく、翌年に茶褐色の堅い球果になるので、同じ枝に緑色(今年度)の球果と茶褐色の球果(前年度)を同時に見ることができます。種子は球果のそれぞれの隙間に入っています。

 マツは精油成分を多く含み、大気中に揮発していくので、森林セラピー(フィトンチッド的作用)に適しています。精油成分は幹に傷がつくと、粘性の樹液が流れ出て、空気に触れて酸化し「松脂(まつやに)」となります。これは傷口を塞いで、細菌等の侵入を防ぐためです。

 また松脂は第二次大戦末に、不足する航空機燃料にも利用されました。その他、香料や野球の投手が使う滑り止め(ロージン)の材料にも利用されています。
 

球果のすき間にある種子
球果のすき間にある種子

金沢区・磯子区版のコラム最新6

社員が誇れる会社に

社員が誇れる会社に 社会

三親住設株式会社代表取締役社長 奥村佳正さん(52)

2月4日号

子どもの「学び」支える

子どもの「学び」支える

株式会社神奈川銀行

2月4日号

「世界最高水準」掲げる

〈連載【16】〉市がIR実施方針案公表 IRと横浜

「世界最高水準」掲げる

1月7日号

この花 栽培してはダメなの?

金子さんの草花の不思議発見!最終回 特定外来生物(植物)

この花 栽培してはダメなの?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

1月7日号

「ウシウシウッシッシ」

「ウシウシウッシッシ」

金沢動物園 干支コラム

1月1日号

2021年(辛丑)は「始める・掴む年」

 新年コラム 算命学教授に聞く

2021年(辛丑)は「始める・掴む年」

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク