金沢区・磯子区版 掲載号:2015年11月26日号 エリアトップへ

街路樹【4】 生きた化石「メタセコイア」 化石から新種を発見 日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

掲載号:2015年11月26日号

  • LINE
  • hatena
富岡八幡宮そばの紅葉したメタセコイア
富岡八幡宮そばの紅葉したメタセコイア

 「我が国の たちなほり来し 年々に あけぼのすぎの 木はのびにけり」――1987年の歌会始のお題「木」で昭和天皇が詠んだ和歌です。「あけぼのすぎ」はメタセコイアの和名です。

 区内では富岡八幡公園のメタセコイアの街路樹が良く知られていますが、他の公園や緑地、庭木として見ることが容易です。メタセコイアは昭和初期頃までは、同じ仲間の化石(セコイア属)しか存在していませんでした。

 1941年、三木茂氏が日本で発見したセコイア・ヤポニカの化石を調査した結果、世界各地で発見された従来のセコイア化石と違うことを発見し、新種「メタセコイア」と名付けました。「メタ」とは「後の」という意味です。

 1943年、中国でメタセコイアと同属の生きている木が発見され、1946年に新種として世界に発表されました。メタセコイアのように生きている植物が発見される前に、化石分類群として認識された例は非常に珍しいことです。その数年後、中国で発見された樹木からの苗木100本が日本へ持ち込まれ、全国各地で植栽し、和名を「アケボノスギ」と名付けました。従って日本では、どんなに大きく成長したメタセコイアでも、樹齢70年は経ていないことになります。

 メタセコイアはスギの仲間ですが落葉樹で、落葉する前の紅葉は大変美しい姿を見せてくれます。

金沢区・磯子区版のコラム最新6

社の姿勢と目標が合致

SDGsパートナー新規認定【4】

社の姿勢と目標が合致 社会

金沢区 神奈川保健事業社

7月2日号

子育てって、楽しい♪

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらのイッピン

6月25日号

食用部は葉の変化

金子さんの草花の不思議発見!第43回 オニグルミ

食用部は葉の変化

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

6月25日号

変化に富んだ花の色

金子さんの草花の不思議発見!第42回 オオムラサキとサツキ

変化に富んだ花の色

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

4月30日号

年々耐寒性が強くなる

金子さんの草花の不思議発見!第41回 ヒメツルソバ

年々耐寒性が強くなる

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

3月26日号

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 6月23日19:45更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク