金沢区・磯子区版 掲載号:2016年2月25日号 エリアトップへ

安産の道 ママへのススメ7 協力:山本助産院 担当:荒木関由希助産師

掲載号:2016年2月25日号

  • LINE
  • hatena

 今回も、前回に引き続き母乳のお話です。授乳中のママから、「母乳をあげてもすぐに泣く」「産まれた後はおっぱいが張っていたのに今は張らなくなり、母乳が足りてない気がする」などの相談が多くあります。

 母乳は、ミルクよりも1回の授乳で飲む量が少なく、消化のスピードも早いので、どうしても授乳の回数が多くなります。そして、ママの母乳を作ろうとするホルモンは、夜に多く分泌されるため、赤ちゃんはママに母乳をたくさん出してもらおうと、夜に飲みたがることが多いのです。赤ちゃんの自然に備わった力ってすごいですよね。理由がわかれば少し頑張れるでしょうか。夜に眠れないのは大変ですが、昼寝をして睡眠不足を補いましょう。

 また、母乳をたくさん出すには、赤ちゃんにしっかりと乳頭を吸ってもらうことが大切。吸う刺激が、母乳を作ろうとするホルモンに働きかけるのです。

 そして、産後すぐは、ホルモンの働きで母乳が作られて乳房が張り、赤ちゃんに飲んでもらうことで張りが和らぎます。しかし、産後3カ月ほど経つと、赤ちゃんが吸えば母乳が出てくるような仕組みになります。張っていない乳房でも赤ちゃんに吸ってもらうと、ツンツンとした感覚がしてきます。それが、母乳が作られているサインなのです。

 それでも本当に母乳が足りているのか不安な時や、悩みがある時には、助産院に相談を。不安やストレスは、母乳の分泌不足や乳房のコンディションにも影響します。一緒に育児、頑張っていきましょう。
 

アピタ金沢文庫店 魅力を紹介⑪

9月24日(木)~27日(日) アピタ誕生4周年祭開催!

http://www.apita-kanazawabunko.com/ihaG8F

<PR>

金沢区・磯子区版のコラム最新6

子育てって、楽しい♪

誘致計画、不透明さ増す

〈連載【13】〉市、実施方針公表を再延期 IRと横浜

誘致計画、不透明さ増す 経済

9月17日号

2つの署名活動 秋に開始

〈連載【12】〉リコール、住民投票求める IRと横浜

2つの署名活動 秋に開始

9月10日号

ターボエンジンの光合成

金子さんの草花の不思議発見!第46回 エノコログサ

ターボエンジンの光合成

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

9月10日号

生き残る確率が高いのは?

金子さんの草花の不思議発見!第45回 オヒシバとメヒシバ

生き残る確率が高いのは?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

8月6日号

山火事で子孫を残す

金子さんの草花の不思議発見!第44回 ブラシノキ

山火事で子孫を残す

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

7月16日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 新たな日常への挑戦

    アフターコロナ社会を生き抜く 意見広告

    新たな日常への挑戦

    横浜市会議員 山本たかし

    9月24日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月9日18:45更新

  • 9月3日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク