金沢区・磯子区版 掲載号:2016年7月28日号 エリアトップへ

季節の花㉔ 虫誘う地獄花「カラスビシャク」 「へそくり」の語源に 日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

掲載号:2016年7月28日号

  • LINE
  • hatena
臍のように見えるカラスビシャクの花(能見台)
臍のように見えるカラスビシャクの花(能見台)

 「カラスビシャク」は称名寺や不動池等で見られ、高さ20〜40cmの全身緑色の目立たない草ですが、ウラシマソウと同じ仲間です。名の由来は、花の形が小さな柄杓(ひしゃく)に似ているためで、別名「へそくり」。球根がクリに似ており、花茎の折れ曲がった窪みが臍(へそ)のように見えるからで、あのへそくりの語源になった草です。この球根は漢方薬「半夏」の原料で、吐き気止めや鎮痛剤に効果があり、昔農家の主婦は畑の草むしりをしながらこのカラスビシャク(へそくり)を薬局に持って行き、小銭を稼いで貯めていたことが始まりです。

 花は腐敗臭を放ち、ハエが集まり花の中へ入っていきますが、一度入ると後戻りができない仕組みになっていて、ハエは奥へ進み出口がないまま囚われの身となります。奥には雄花と雌花があり、はじめは雌花が咲き、その後、雄花が咲き出すと、一筋の光明が差し込む微かな隙間(出口)ができます。ハエは花粉を一杯つけてやっと脱出に成功します。ハエはこれに懲りず、別の花へ再び入り閉じ込められ、暴れながら雌花に花粉をつけます。カラスビシャクは一時的に幽閉するだけで良心的ですが、同じ仲間のマムシグサは雌雄異株で、雄株には隙間がり、雌株には出口がないため、花粉を貢がせた後は閉じ込めたまま死に至らせる地獄花です。

 次回は「プラタナス」の予定です。

金沢区・磯子区版のコラム最新6

「世界最高水準」掲げる

〈連載【16】〉市がIR実施方針案公表 IRと横浜

「世界最高水準」掲げる

1月7日号

この花 栽培してはダメなの?

金子さんの草花の不思議発見!最終回 特定外来生物(植物)

この花 栽培してはダメなの?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

1月7日号

「ウシウシウッシッシ」

「ウシウシウッシッシ」

金沢動物園 干支コラム

1月1日号

2021年(辛丑)は「始める・掴む年」

 新年コラム 算命学教授に聞く

2021年(辛丑)は「始める・掴む年」

1月1日号

葉を噛むと歯が欠ける?

金子さんの草花の不思議発見!第49回 カクレミノ

葉を噛むと歯が欠ける?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

12月10日号

20万8千筆の署名提出

〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

20万8千筆の署名提出

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク