金沢区・磯子区版 掲載号:2016年7月28日号 エリアトップへ

季節の花㉔ 虫誘う地獄花「カラスビシャク」 「へそくり」の語源に 日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

掲載号:2016年7月28日号

  • LINE
  • hatena
臍のように見えるカラスビシャクの花(能見台)
臍のように見えるカラスビシャクの花(能見台)

 「カラスビシャク」は称名寺や不動池等で見られ、高さ20〜40cmの全身緑色の目立たない草ですが、ウラシマソウと同じ仲間です。名の由来は、花の形が小さな柄杓(ひしゃく)に似ているためで、別名「へそくり」。球根がクリに似ており、花茎の折れ曲がった窪みが臍(へそ)のように見えるからで、あのへそくりの語源になった草です。この球根は漢方薬「半夏」の原料で、吐き気止めや鎮痛剤に効果があり、昔農家の主婦は畑の草むしりをしながらこのカラスビシャク(へそくり)を薬局に持って行き、小銭を稼いで貯めていたことが始まりです。

 花は腐敗臭を放ち、ハエが集まり花の中へ入っていきますが、一度入ると後戻りができない仕組みになっていて、ハエは奥へ進み出口がないまま囚われの身となります。奥には雄花と雌花があり、はじめは雌花が咲き、その後、雄花が咲き出すと、一筋の光明が差し込む微かな隙間(出口)ができます。ハエは花粉を一杯つけてやっと脱出に成功します。ハエはこれに懲りず、別の花へ再び入り閉じ込められ、暴れながら雌花に花粉をつけます。カラスビシャクは一時的に幽閉するだけで良心的ですが、同じ仲間のマムシグサは雌雄異株で、雄株には隙間がり、雌株には出口がないため、花粉を貢がせた後は閉じ込めたまま死に至らせる地獄花です。

 次回は「プラタナス」の予定です。

アピタ金沢文庫店 魅力を紹介⑫

10月30日、31日 10時~ 季節の花鉢プレゼント 先着100人

http://www.apita-kanazawabunko.com/ihaG8F

<PR>

金沢区・磯子区版のコラム最新6

子育てって、楽しい♪

高品質な工事 使命に

高品質な工事 使命に

宮本土木株式会社 代表取締役 其田 和之さん(58)

10月29日号

市、追加調査で準備進める

〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

市、追加調査で準備進める

10月29日号

子育てって、楽しい♪

花はレッドワインの香り

金子さんの草花の不思議発見!第47回 クズ

花はレッドワインの香り

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

10月8日号

誘致計画、不透明さ増す

〈連載【13】〉市、実施方針公表を再延期 IRと横浜

誘致計画、不透明さ増す 経済

9月17日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月9日18:45更新

  • 9月3日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク