金沢区・磯子区版 掲載号:2016年11月24日号 エリアトップへ

ごみ屋敷「自主撤去」 “チーム金沢”で家主を説得

社会

掲載号:2016年11月24日号

  • LINE
  • hatena

 11月9日、10年以上前から周辺住民を悩ませてきた区内ごみ屋敷の家主による自主撤去が完了した。作業に費やした期間は約2週間。10人の作業員が総重量約40tのごみを撤去した。

 60代男性が所有する区内の家屋に対して、近隣住民から金沢区役所に苦情が寄せられ始めたのは2009年ごろから。区役所はその都度、敷地からはみ出たごみに対応していたものの、根本的な解決には至らず、実態の把握もままならなかったという。

 事態が動き始めたのは今年7月。ごみ屋敷2階のベランダからはみ出し積み重なったごみが、崩れ落ちた。落ちたごみは、隣家の物置の屋根を傷め、庭に散乱。困った隣人が区役所に相談した。

 区総務課の栗原敏也課長は、金沢警察署の協力を得て住所不定の家主を呼び出し、ごみの片付けを説得。家主の了解を得て、区役所職員約20人で隣家に散乱したごみを回収した。

 このことがきっかけとなり、はりがみで時間と場所を指定すると、家主はきちんと面会に応じるように。週1〜2日の面会には、出来る限り福祉保健課の飛田千絵課長も同席し、ごみの片付けを説得するとともに、福祉的なアプローチも続けた。「最初は会話もままならなかったが、徐々に話ができる状態に。最終的には異例となる自主撤去に応じてくれた」と飛田課長は話す。

 家主と回収業者の契約が行われた10月24日の翌日から撤去を開始。栗原課長は「一日でも早く片付けてほしいと願う周辺住民の期待に応えたかった。各部署や警察、地域の方が一体となり、”チーム金沢”で対応したことが功を奏した」と振り返る。

「終わりではない」

 「撤去は完了したが、これで終わりだとは思っていない」と栗原課長。問題の家は依然、電気、水道、ガスは止まったまま。傷みがひどく家屋倒壊の危険性も無視できない。区役所は再びごみを持ち込まないための指導など、現在も週1回ペースで面会を続けている。「今後も継続的にサポートしていく」としている。

 横浜市は今年度から本格的にごみ屋敷対策に着手。家が「ごみ屋敷化」する要因は様々で、加齢による身体機能の低下や認知症などに起因する場合も。市は福祉士的な支援に重点を置き、取り組みを進めている。

 12月1日からはごみ屋敷条例を施行される。ごみ屋敷当事者に指導、勧告をし、最終的にごみを撤去できる行政代執行を規定する。現在、市内には60棟のごみ屋敷があるという。

アピタ金沢文庫店 魅力を紹介⑪

9月24日(木)~27日(日) アピタ誕生4周年祭開催!

http://www.apita-kanazawabunko.com/ihaG8F

<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

5商品が新規認定

横浜金沢ブランド

5商品が新規認定 文化

地元の新たな逸品に

9月24日号

学習支援続け1年

六浦地域ケアプラザ

学習支援続け1年 社会

元教員らボラ 児童・生徒に

9月24日号

働く魅力 中高生に伝える

働く魅力 中高生に伝える 社会

NPOが冊子7万部を配布

9月17日号

ブロック塀対策足踏み

市立小通学路

ブロック塀対策足踏み 社会

危険箇所約2,000件

9月17日号

町内会のICT支援へ

横浜市

町内会のICT支援へ 社会

コロナ対策で予算計上

9月10日号

金沢区 救急搬送 1.7倍

熱中症

金沢区 救急搬送 1.7倍 社会

磯子区は微増

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 新たな日常への挑戦

    アフターコロナ社会を生き抜く 意見広告

    新たな日常への挑戦

    横浜市会議員 山本たかし

    9月24日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月9日18:45更新

  • 9月3日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク