金沢区・磯子区版 掲載号:2017年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

寄稿 特別展「愛された金沢八景」に寄せて 【1】北斎描く金沢八景 文/神奈川県立金沢文庫 山地純

「金沢八景」葛飾北斎
「金沢八景」葛飾北斎

 金沢八景の絵というと歌川広重「金沢八景」八枚組や「武陽金沢八景略図」という同じ構図で何種類もある八景図を思い出す方が多いと思いますが、今回は葛飾北斎描く金沢八景をご覧いただきます。

 この絵は横九切版という小さな八景図ですが、遠近法を用いた洋風画です。空には狂歌三首が書かれています。江ノ島、鎌倉との三枚組で、「摺物」と呼ぶ特別注文品の一図です。一般の浮世絵と異なり、この場合は狂歌を詠った人々がお金を出して作らせたので「狂歌摺物」です。そして絵を描いたのは葛飾北斎。画面右上にひらがなで「ほくさいうつす」とサインのように書かれています。

 絵の中心に二つ橋になっている瀬戸橋が描かれ、その先に瀬戸明神の森と鳥居が見えます。右手に見える小島は照手姫で有名な姫小島でしょうか、でも瀬戸橋の向こうに琵琶島弁天が見えませんから、琵琶島弁天のつもりかもしれません。烏帽子岩も見えますが、夏島が見つからない、と実景とは少し異なる景色です。でも狂歌に「金沢八景」「瀬戸の明神」と詠われていますから、金沢八景図です。

 楠山永雄さんご自慢のこの逸品。ぜひ実物をご自分の目で確かめて下さい。
 

庭木のお手入れ承ります見積無料

今なら「タウン見た」で10%OFF !(2万円以上のご依頼に限る)

https://www.919g.co.jp/

<PR>

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

果物の頭はどこ?

金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

果物の頭はどこ?

2月15日号

富岡に残る戦跡

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

富岡に残る戦跡

2月8日号

物語でめぐるわが街

著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

物語でめぐるわが街

2月8日号

野島に残る戦跡

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第20回

野島に残る戦跡

2月1日号

区別するポイントは「果実」

金子さんの草花の不思議発見第8回 サザンカとツバキ

区別するポイントは「果実」

2月1日号

角田武夫が描いた金澤八景

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第19回

角田武夫が描いた金澤八景

1月11日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月22日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク