金沢区・磯子区版 掲載号:2017年5月18日号
  • googleplus
  • LINE

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第3回 金沢文庫、称名寺と北条実時 文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

金沢区の歴史の原点、称名寺
金沢区の歴史の原点、称名寺

 京急金沢文庫駅の「金沢文庫」は鎌倉時代中期、金沢の地に北条実時が創建した現存する最古の武家文庫(書籍・文書およびそれらを入れる倉)の名称からとられている。

 金沢文庫には、実時、顕時、貞顕、貞将の金沢北条氏四代に渡り収集された歴史、法律、文学書など二万冊近くがあり、中には国宝『文選集注』など中国の書籍を写した貴重品も多い。このため金沢文庫は、”東国の正倉院”とも称される。

 称名寺は、実時が六浦庄金沢郷(現在の金沢区金沢町)に別宅を構え、母の七回忌につくったお堂が始まりである。その数年後、奈良西大寺叡尊の教えに感銘を受けた実時が称名寺を律宗の寺院に改め、孫の貞顕の時には、「称名寺絵図」にあるように浄土庭園仁王門など全容が整った。

 実時は、源頼朝の妻政子の甥の子にあたり、若い頃から鎌倉幕府の要職に就き、三代北条泰時から八代北条時宗に至る六人の執権(将軍の補佐役)とともに政務に励む一方、中国の文人政治家・白楽天を敬愛し、白楽天が西湖に築いた白堤を連想させる瀬戸橋の基礎になる堤を築いた。

 称名寺、金沢文庫はおよそ八百年の時を超えて貴重な文化を今日に伝える金沢の歴史の原点である。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

角田武夫が描いた金澤八景

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第19回

角田武夫が描いた金澤八景

1月11日号

物語でめぐるわが街

著・中野孝次 文藝春秋

物語でめぐるわが街

1月11日号

赤い実にほくろが2つ

金子さんの草花の不思議発見第7回 センリョウ

赤い実にほくろが2つ

1月4日号

京急富岡駅と能見台駅の移り変り

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第18回

京急富岡駅と能見台駅の移り変り

12月21日号

ゆずの素めぐり

デビュー 祝 20周年

ゆずの素めぐり

12月21日号

この種、何に似ている?

第6回 アオツヅラフジ 金子さんの草花の不思議発見

この種、何に似ている?

12月14日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

がん医療への知識深める

がん医療への知識深める

市大主催 22日に講演会

1月22日~1月22日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 物語でめぐるわが街

    著・中野孝次 文藝春秋

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『ハラスのいた日々』〈増補版〉

    1月11日号

  • 角田武夫が描いた金澤八景

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第19回

    角田武夫が描いた金澤八景

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    1月11日号

  • 赤い実にほくろが2つ

    金子さんの草花の不思議発見第7回 センリョウ

    赤い実にほくろが2つ

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    1月4日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年1月11日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク