金沢区・磯子区版 掲載号:2017年12月14日号
  • LINE
  • hatena

第6回 アオツヅラフジ 金子さんの草花の不思議発見 この種、何に似ている? 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(富岡西在住)

アオツヅラフジの種子(写真上)はアンモナイトの化石(同下)にそっくり
アオツヅラフジの種子(写真上)はアンモナイトの化石(同下)にそっくり

 私たちが通常目にする種のほとんどは、表面がつるっとした球形状ですね。しかし中には何かの形にそっくりという種もあります。「アオツヅラフジ」の種の模様は、大きさは違うけど中生代の化石「アンモナイト」そっくりです。

 アオツヅラフジ(青葛藤)は、山林の藪や樹木に、フジのように巻き付くつる性の植物です。この蔓(茎)を細工物に利用し、「葛籠」(つづら)を編んだことからこの名がつきました。また、蔓は乾くと青色から黒色に変わるため、万葉集では「黒葛」と呼ばれていました。夏に黄白色の小花を咲かせ、晩秋に果実はルリ色から紺色に熟し、その中に写真のような種が入っています。

 その他変わった形をした種に、カラスウリの種は「仮面ライダーの顔」や「カマキリの顔」、「結び文」等に、コブシの種は「ハート型」に、センダンの種は「スターフルーツ」に、ヒノキの球果は「サッカーボール」に似ています。他にどんなものが見られるか探してみましょう。
 

▶アオツヅラフジの果実(円海山)
▶アオツヅラフジの果実(円海山)

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

歌「シクラメンのかほり」から新品種

金子さんの草花の不思議発見!第24回 シクラメン

歌「シクラメンのかほり」から新品種

12月20日号

葉のつき方は対生の中に輪生もある

金子さんの草花の不思議発見!第23回 ハナゾノツクバネウツギ

葉のつき方は対生の中に輪生もある

12月6日号

梨は尻から、柿は頭から甘くなる

金子さんの草花の不思議発見!第22回 カキ

梨は尻から、柿は頭から甘くなる

11月22日号

白粉をつけたヒノキの仲間

金子さんの草花の不思議発見!第21回 アスナロ・サワラ・ヒノキ

白粉をつけたヒノキの仲間

11月1日号

イガあるクリ、イガないドングリ

金子さんの草花の不思議発見!第20回 クリ

イガあるクリ、イガないドングリ

10月11日号

強風に耐える伸縮可能な蔓

金子さんの草花の不思議発見第19回 カラスウリ

強風に耐える伸縮可能な蔓

9月13日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

八景の歴史と魅力

参加募集

八景の歴史と魅力

五味文彦さんが講演

2月16日~2月16日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク