金沢区・磯子区版 掲載号:2018年1月11日号
  • LINE
  • hatena

著・中野孝次 文藝春秋 物語でめぐるわが街 文・協力/金沢図書館『ハラスのいた日々』〈増補版〉

舞台となっている磯子区洋光台
舞台となっている磯子区洋光台

 中野孝次(大正14年〜平成16年)は昭和・平成期の作家、評論家、ドイツ文学者で主な著書に『ブリューゲルへの旅』、『麦熟るる日に』等があります。

 本書『ハラスのいた日々』は、著者が横浜市洋光台に引っ越したことをきっかけに飼うこととなった柴犬「ハラス」との生活がつづられています。新築祝いに何がほしいかを問われ、著者が「運動不足気味だから散歩用に犬でも貰うかな」と答えたことから、ハラスは中野家にやってきます。牛乳パックをくわえてきたり、冬の雪山で行方不明になったり。ハラスと過ごした何気ない日常や、中野家にとっての大事件が一人の飼い主の視点で描かれます。

 著者はハラスを飼う前に、「やがて飼うことになる犬が、たんなる犬以上の存在になろうとは、そのとき予感していたわけではなかった」と述べています。子犬から成犬になり、やがて老いていくハラスへの著者の愛情は、年を経るごとに増していきます。他の人にとってはただの犬でも、自分にとっては愛しい家族同然の存在。そんな愛情が詰めこまれた1冊です。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

歌「シクラメンのかほり」から新品種

金子さんの草花の不思議発見!第24回 シクラメン

歌「シクラメンのかほり」から新品種

12月20日号

葉のつき方は対生の中に輪生もある

金子さんの草花の不思議発見!第23回 ハナゾノツクバネウツギ

葉のつき方は対生の中に輪生もある

12月6日号

梨は尻から、柿は頭から甘くなる

金子さんの草花の不思議発見!第22回 カキ

梨は尻から、柿は頭から甘くなる

11月22日号

白粉をつけたヒノキの仲間

金子さんの草花の不思議発見!第21回 アスナロ・サワラ・ヒノキ

白粉をつけたヒノキの仲間

11月1日号

イガあるクリ、イガないドングリ

金子さんの草花の不思議発見!第20回 クリ

イガあるクリ、イガないドングリ

10月11日号

強風に耐える伸縮可能な蔓

金子さんの草花の不思議発見第19回 カラスウリ

強風に耐える伸縮可能な蔓

9月13日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

八景の歴史と魅力

参加募集

八景の歴史と魅力

五味文彦さんが講演

2月16日~2月16日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク