金沢区・磯子区版 掲載号:2018年4月19日号
  • LINE
  • hatena

金子さんの草花の不思議発見第12回 シャガ 表がない裏の面ばかりの葉 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

 「紫の 斑の仏めく 著我の花」(高浜虚子)

 春先、庭の片隅にいち早く咲く美しい花「シャガ」は、漢字で「射干」「著我」と表すことがありますが、射干は本来「ヒオウギ」を指しています。漢名は「胡蝶花」で、長塚節の「炭焼きの娘」の中にも胡蝶花と出ています。アヤメの仲間では珍しい常緑性での花で、特徴は外側3枚の外花被(萼片)に鶏冠状の突起があります。

 一般に葉には、表裏の区別がありますが、シャガには表裏の区別はありません。私たちが普段目にしている葉は、どちらの面も裏で、表は見られません。

 では、表の面はどこかというと、葉がつくられる時、裏の面を上にして真二つに折り重ねて伸びてくるので、本来の表の面が完全に中に入ってしまい、外からは見えなくなります。右上写真の中央の葉(矢印)を見ると、途中やや窪んだ所に、小さな新しい葉が伸びかかっている様子がわかります。そして左上写真(矢印)のように出かかった葉を取り除き、縦に開くと内側に、本来の表の部分が見えてきます。

 こうした葉を「単面葉」といい、アヤメの仲間に見られる現象です。
 

シャガの花
シャガの花

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらのイッピン

4月18日号

「ミュージック・パーク」実現へ

MM21街区NEWS

「ミュージック・パーク」実現へ

4月18日号

冬と夏で花茎の長さが違う

金子さんの草花の不思議発見!第28回 タンポポ

冬と夏で花茎の長さが違う

4月11日号

生誕100年 企画目白押し

MM21街区NEWS

生誕100年 企画目白押し

4月4日号

横浜博から30年、開発9割に

MM21街区NEWS

横浜博から30年、開発9割に

3月28日号

冬でも葉が落ちない落葉樹

金子さんの草花の不思議発見!第27回 クヌギ

冬でも葉が落ちない落葉樹

3月21日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク