金沢区・磯子区版 掲載号:2018年5月24日号
  • LINE
  • hatena

金子さんの草花の不思議発見第14回 コクサギ 左右に2枚ずつ葉をつける 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

 一般に葉が茎につく並び方には3通りあり、種類によってそれぞれ決まっています。茎の一つの節から、1枚の葉をつける場合(茎に互い違いにつく=互生)、2枚の葉が向き合ってつける場合(対生)、そして3枚以上の葉をつける場合(輪生)があります。

 しかし中には、これ以外の葉のつき方をする植物もあります。その一つが「コクサギ」です(写真右上)。枝(茎)に対して右側に2枚、左側に2枚と、2枚ずつ互生に並んでいます。普通の互生では、アマドコロ(同左上)のように、1枚ずつ左右に並びます。

 コクサギのような葉のつき方をするのは、他にムラサキシキブ、サルスベリ、ヤブニッケイ等があります。いずれも古くは対生であったのが、進化の過程でそれぞれ上下にずれたと考えられます。

 コクサギは、川沿いや少し湿った所に生育する落葉低木で、円海山周辺でよく見ることができます。名は「緑肥(こくさ)にする木」が由来で、緑肥(こくさ)とは肥やしにする草をいいます。葉には多くの精油を含み、昔から枝葉をトイレに落として、ウジ殺しに使われました。
 

コクサギの雄花
コクサギの雄花

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらのイッピン

4月18日号

「ミュージック・パーク」実現へ

MM21街区NEWS

「ミュージック・パーク」実現へ

4月18日号

冬と夏で花茎の長さが違う

金子さんの草花の不思議発見!第28回 タンポポ

冬と夏で花茎の長さが違う

4月11日号

生誕100年 企画目白押し

MM21街区NEWS

生誕100年 企画目白押し

4月4日号

横浜博から30年、開発9割に

MM21街区NEWS

横浜博から30年、開発9割に

3月28日号

冬でも葉が落ちない落葉樹

金子さんの草花の不思議発見!第27回 クヌギ

冬でも葉が落ちない落葉樹

3月21日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク