金沢区・磯子区版 掲載号:2018年8月9日号 エリアトップへ

金子さんの草花の不思議発見第17回 バラ 「バラ」は歴とした日本語 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

掲載号:2018年8月9日号

  • LINE
  • hatena

 「バラ」は横浜市の花、父の日の花、そしてアメリカ国の花等いろいろ象徴されている花で、最も身近な花の一つです。

 日本で昔からバラと思われている花には、ノイバラ(写真右上同じ仲間)、ヤマイバラ、テリハノイバラ(同左上)、サンショウバラ、ハマナス等があります。万葉集では「荊(うまら)」で、源氏物語や枕草子では「薔薇(そうび)」で表現されており、いずれも「ノイバラ」を指しています。古代中国でもノイバラのような小さなバラを「薔薇」と呼んでいました。

 薔薇の語源は「細長く伸びる蔓植物」からきており、私たちが口にするバラは、棘を意味する「イバラ」に由来し、棘のある植物全体を指していました。このように「バラ」という言葉は、古くからの日本語で、後にバラ属の総称になり、今ではバラといえば西洋バラを指すようになりました。

 古代からバラに関する話題は豊富で、5000年前から栽培が行われ、いろいろな品種改良がされてきました。花の色も古くは赤と白のみで、15世紀のイギリスでは赤いバラと白いバラから「ばら戦争」が起こりました。特にヨーロッパで愛され、ギリシャ神話やローマ時代によく登場し、ナポレオンの妻ジョセフィーヌは250種のバラを収集し、改良に貢献したといわれています。
 

ハマナスの花
ハマナスの花

金沢区・磯子区版のコラム最新6

国内外つなぐ商流拠点

国内外つなぐ商流拠点

新港地区盛り上げ、20周年

8月8日号

粒の数だけ「ひげ」がある

金子さんの草花の不思議発見!第32回トウモロコシ

粒の数だけ「ひげ」がある

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

8月8日号

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらのイッピン

7月18日号

アンパンマンの世界を体感

MM21街区NEWS

アンパンマンの世界を体感

全天候型ミュージアムが開館

7月18日号

国内外つなぐ商流拠点

国内外つなぐ商流拠点

新港地区盛り上げ、20周年

7月11日号

初恋の相手はコガネムシ

金子さんの草花の不思議発見! 第31回 ハス

初恋の相手はコガネムシ

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

7月11日号

新しい街で港の歴史伝える

MM21街区NEWS

新しい街で港の歴史伝える

MM玄関口の博物館

6月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

0歳からのコンサート

磯子公会堂

0歳からのコンサート

9月8日 磯子公会堂

9月8日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク