金沢区・磯子区版 掲載号:2018年9月13日号 エリアトップへ

金子さんの草花の不思議発見第19回 カラスウリ 強風に耐える伸縮可能な蔓 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

掲載号:2018年9月13日号

  • LINE
  • hatena

 前回に続き、蔓を持つ「カラスウリ」の話です。カラスウリの蔓は、茎ではなく葉の一部が蔓に変化したものです。蔓はゆっくり伸ばしながら巻き付く相手を探し、先端が相手に触れると、直ぐにらせん状に巻き付き、自分の体を支えます(この蔓を「巻き髭」という)。この巻き髭は、ばねのような伸縮自在のコイル状になっており、途中でねじれの向きを替えることで、強風にあおられ千切れないようになっています(写真右上)。

 こうしたコイル状の蔓は、スズメウリ、オキナワスズメウリ、ニガウリ(写真左上)、アマチャヅル等、ウリ科に多く見られます。

 カラスウリの名の由来は、実の鮮やかな赤色が、唐(中国)から伝わった朱墨(しゅぼく・朱色の墨)に似ているため、「唐の朱墨の瓜」つまり「唐朱瓜」(カラシュウリ→カラスウリ)と名付けられました。

 最近、「オキナワスズメウリ」(写真下)を庭で育てているのをよく見かけます。果実が直径2〜3cmほどの球形で、赤や緑色のスイカ状の模様をして良く目立つ瓜の仲間です。本州に生育するスズメウリの果実は薄い黄白色であまり目立ちません。
 

オキナワスズメウリ
オキナワスズメウリ

金沢区・磯子区版のコラム最新6

アサガオの花弁は何枚?

金子さんの草花の不思議発見!第33回アサガオ

アサガオの花弁は何枚?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

9月5日号

「信頼に応え続ける京急に」

トップインタビュー

「信頼に応え続ける京急に」

京浜急行電鉄株式会社 原田 一之 社長

9月5日号

370万市民を守る備え

MM21街区NEWS

370万市民を守る備え

緊急物資拠点の耐震バース

8月29日号

国内外つなぐ商流拠点

国内外つなぐ商流拠点

新港地区盛り上げ、20周年

8月8日号

粒の数だけ「ひげ」がある

金子さんの草花の不思議発見!第32回トウモロコシ

粒の数だけ「ひげ」がある

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

8月8日号

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらのイッピン

7月18日号

アンパンマンの世界を体感

MM21街区NEWS

アンパンマンの世界を体感

全天候型ミュージアムが開館

7月18日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「はやぶさ2」の講演会

磯子公会堂自主事業

「はやぶさ2」の講演会

10月6日 映画上映会も

10月6日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク