金沢区・磯子区版 掲載号:2018年9月13日号 エリアトップへ

金子さんの草花の不思議発見第19回 カラスウリ 強風に耐える伸縮可能な蔓 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

掲載号:2018年9月13日号

  • LINE
  • hatena

 前回に続き、蔓を持つ「カラスウリ」の話です。カラスウリの蔓は、茎ではなく葉の一部が蔓に変化したものです。蔓はゆっくり伸ばしながら巻き付く相手を探し、先端が相手に触れると、直ぐにらせん状に巻き付き、自分の体を支えます(この蔓を「巻き髭」という)。この巻き髭は、ばねのような伸縮自在のコイル状になっており、途中でねじれの向きを替えることで、強風にあおられ千切れないようになっています(写真右上)。

 こうしたコイル状の蔓は、スズメウリ、オキナワスズメウリ、ニガウリ(写真左上)、アマチャヅル等、ウリ科に多く見られます。

 カラスウリの名の由来は、実の鮮やかな赤色が、唐(中国)から伝わった朱墨(しゅぼく・朱色の墨)に似ているため、「唐の朱墨の瓜」つまり「唐朱瓜」(カラシュウリ→カラスウリ)と名付けられました。

 最近、「オキナワスズメウリ」(写真下)を庭で育てているのをよく見かけます。果実が直径2〜3cmほどの球形で、赤や緑色のスイカ状の模様をして良く目立つ瓜の仲間です。本州に生育するスズメウリの果実は薄い黄白色であまり目立ちません。
 

オキナワスズメウリ
オキナワスズメウリ

金沢区・磯子区版のコラム最新6

「カジノなしでも人は来る」

〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る IRと横浜

「カジノなしでも人は来る」

1月16日号

2020年(庚子)は「生まれ変わりの年」

コラム 算命学教授に聞く

2020年(庚子)は「生まれ変わりの年」

1月1日号

赤い部分は葉の一種

金子さんの草花の不思議発見!第37回ポインセチア

赤い部分は葉の一種

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

1月1日号

制限型対策では不十分

〈連載【8】〉依存症専門医に聞く IRと横浜

制限型対策では不十分

11月21日号

雇用や税収増に寄与

〈連載【7】〉IR推進会議の美原氏に聞く

雇用や税収増に寄与

IRと横浜

11月14日号

刺抜きの特効薬?

金子さんの草花の不思議発見!第36回ニシシギ

刺抜きの特効薬?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

11月14日号

バス路線「ピアライン」が誕生

バス路線「ピアライン」が誕生

桜木町〜新港ふ頭を結ぶ

11月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク