金沢区・磯子区版 掲載号:2018年11月1日号
  • LINE
  • hatena

金子さんの草花の不思議発見!第21回 アスナロ・サワラ・ヒノキ 白粉をつけたヒノキの仲間 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

アスナロ
アスナロ

 ヒノキ科を代表するヒノキ、サワラ、アスナロは、葉の裏に白粉をつけたような美しい白の模様がはっきり出ています。その模様はそれぞれ形が違い、名前の識別に役立ちます。アスナロ(写真左)はWに、サワラ(写真中央)はⅩ(またはⅤ)に、ヒノキ(写真右)はYに似たように見えます。

 この白い模様(線状)は「気孔条」(または気孔帯)といい、光合成や呼吸、蒸散等に必要な気体の出入口になります。ヒノキ科のような針葉樹は、乾燥に耐えるために水分の放出を抑えたり、カビなどの侵入を阻止するために、入り口周辺をワックス状に覆っているので、白く見えるのです。3種の違いの覚え方は、順にW・Ⅹ・Y(ア・サ・ヒ)と覚えると便利です。

 アスナロは「明檜(あすひ)」と呼ばれ、「ナロ」はサワラのことで、似ています。枕草子にも「あすはひの木」と出ています。サワラ(椹)の葉はヒノキによく似ています。ヒノキ(檜)の材は芳香があり建築材に、樹皮は「檜皮(ひわだ)」といい、昔から屋根材に利用されてきました。

 またヒノキは1200年経ている法隆寺の五重塔の心材に使われ、伊勢神宮20年の遷都の折の総ヒノキ材にも使われています。
 

サワラ
サワラ
ヒノキ
ヒノキ

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらのイッピン

4月18日号

「ミュージック・パーク」実現へ

MM21街区NEWS

「ミュージック・パーク」実現へ

4月18日号

冬と夏で花茎の長さが違う

金子さんの草花の不思議発見!第28回 タンポポ

冬と夏で花茎の長さが違う

4月11日号

生誕100年 企画目白押し

MM21街区NEWS

生誕100年 企画目白押し

4月4日号

横浜博から30年、開発9割に

MM21街区NEWS

横浜博から30年、開発9割に

3月28日号

冬でも葉が落ちない落葉樹

金子さんの草花の不思議発見!第27回 クヌギ

冬でも葉が落ちない落葉樹

3月21日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク