金沢区・磯子区版 掲載号:2018年12月20日号
  • LINE
  • hatena

金子さんの草花の不思議発見!第24回 シクラメン 歌「シクラメンのかほり」から新品種 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

12月が最盛期のシクラメン
12月が最盛期のシクラメン

 12月に入ると正月用の花が店頭に飾られますが、その一つに「シクラメン」があります(写真上)。原産地は地中海沿岸で明治に入って日本へ導入され、和名「ブタノマンジュウ」と命名されました。欧米でもブタがこの球根を好んで食べることから、「ブタのパン」と呼ばれており、大航海時代には日持ちするため、食料として貴重な存在でした。

 シクラメンの野生種は、開花後に花茎が1回転捩れて、輪(サイクル)をつくるので、ギリシャ語の「キクロス」(円、回る)、そしてラテン語の「キクラメン」が語源になっています。しかし今日の園芸種は捩れずに、下垂したままです。

 20世紀にはいると、ヨーロッパでは大きな花が咲く品種改良が盛んに行われ、改良品は次第に香りがなくなってきました。この頃、布施明さんの歌「シクラメンのかほり」が大ヒットし、日本でもこの歌のような香りのよい品種に取り組み実現しました。ヒット曲から新しい品種が誕生した珍しい例となりました。

 花が咲き終わると、恥ずかしそうに下を向いてしまうことから(写真下)、花言葉は「内気」とつけられました。花言葉のいわれは、「ソロモン王がこの花を王冠の装飾に使うと褒めたら、シクラメンが恥ずかしそうに俯いた」からです。
 

咲き終わると下を向く
咲き終わると下を向く

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

53街区に大規模複合ビル

MM21街区NEWS

53街区に大規模複合ビル

4月25日号

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらのイッピン

4月18日号

「ミュージック・パーク」実現へ

MM21街区NEWS

「ミュージック・パーク」実現へ

4月18日号

冬と夏で花茎の長さが違う

金子さんの草花の不思議発見!第28回 タンポポ

冬と夏で花茎の長さが違う

4月11日号

生誕100年 企画目白押し

MM21街区NEWS

生誕100年 企画目白押し

4月4日号

横浜博から30年、開発9割に

MM21街区NEWS

横浜博から30年、開発9割に

3月28日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 2月28日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子で遊べるおまつり

親子で遊べるおまつり

27日 磯子区社会教育コーナー

4月27日~4月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月25日号

お問い合わせ

外部リンク