金沢区・磯子区版 掲載号:2018年12月20日号 エリアトップへ

金子さんの草花の不思議発見!第24回 シクラメン 歌「シクラメンのかほり」から新品種 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

掲載号:2018年12月20日号

  • LINE
  • hatena
12月が最盛期のシクラメン
12月が最盛期のシクラメン

 12月に入ると正月用の花が店頭に飾られますが、その一つに「シクラメン」があります(写真上)。原産地は地中海沿岸で明治に入って日本へ導入され、和名「ブタノマンジュウ」と命名されました。欧米でもブタがこの球根を好んで食べることから、「ブタのパン」と呼ばれており、大航海時代には日持ちするため、食料として貴重な存在でした。

 シクラメンの野生種は、開花後に花茎が1回転捩れて、輪(サイクル)をつくるので、ギリシャ語の「キクロス」(円、回る)、そしてラテン語の「キクラメン」が語源になっています。しかし今日の園芸種は捩れずに、下垂したままです。

 20世紀にはいると、ヨーロッパでは大きな花が咲く品種改良が盛んに行われ、改良品は次第に香りがなくなってきました。この頃、布施明さんの歌「シクラメンのかほり」が大ヒットし、日本でもこの歌のような香りのよい品種に取り組み実現しました。ヒット曲から新しい品種が誕生した珍しい例となりました。

 花が咲き終わると、恥ずかしそうに下を向いてしまうことから(写真下)、花言葉は「内気」とつけられました。花言葉のいわれは、「ソロモン王がこの花を王冠の装飾に使うと褒めたら、シクラメンが恥ずかしそうに俯いた」からです。
 

咲き終わると下を向く
咲き終わると下を向く

金沢区・磯子区版のコラム最新6

変化に富んだ花の色

金子さんの草花の不思議発見!第42回 オオムラサキとサツキ

変化に富んだ花の色

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

4月30日号

推進前提に意見公募

〈連載【11】〉市が方向性素案公表 IRと横浜

推進前提に意見公募

3月26日号

年々耐寒性が強くなる

金子さんの草花の不思議発見!第41回 ヒメツルソバ

年々耐寒性が強くなる

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

3月26日号

路に迷ったら柳の花を見よ

金子さんの草花の不思議発見!第40回 タチヤナギ

路に迷ったら柳の花を見よ

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

3月5日号

懸命のアピール合戦

〈連載【10】〉「産業展」に45事業者 IRと横浜

懸命のアピール合戦

2月13日号

祖先返りの「葉」が現れる

金子さんの草花の不思議発見!第39回カイヅカイブキ

祖先返りの「葉」が現れる

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

2月13日号

あっとほーむデスク

  • 5月25日17:30更新

  • 5月16日21:30更新

  • 5月16日7:42更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク