金沢区・磯子区版 掲載号:2019年1月24日号
  • LINE
  • hatena

金子さんの草花の不思議発見!第25回 フクジュソウ 暖房付きの部屋を持つ花 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

花が先に咲く
花が先に咲く

 今年もよろしくお願いします。お正月に因んだ花の一つに「フクジュソウ」(福寿草)があります。花の色が鮮やかな黄金色のめでたい様子からこの名がつけられました。野生種はやや寒い地方の落葉樹林下に多く見られ、旧正月頃に開花するので、別名「元旦草」ともいわれています。また東北北部では「土からまず咲く」ことから「ツチマンサク」、アイヌでは「鮭の花」(鮭が遡行してくるころ咲く)、中国名は「金盞花(きんせんか)」と呼ばれています。

 生育地が樹林下のため、樹木が葉を広げる前に花を咲かせ、種子をつくる代表的な早春の花です。まだ外は寒いので、虫たちも活動が鈍く、数も少ないため、花粉を運んでもらう工夫が必要です。フクジュソウの花は太陽に向って上向きに咲き、花の中央を窪ませたパラボラアンテナ状になって、太陽光を花の中央に集中させるので、花の中の温度は外温より5〜10℃高くなります。花には蜜がないけれど中が暖かく、虫たちは体を温め活動が活発化するので、花粉が体に着きやすくなります。

 寒い地方では、土中から芽を出すとともに開花しますが(写真右)、暖かい地方では、茎や葉が伸びてから咲き出します(写真左)。

 全草有毒のため、口にしないようご注意ください。
 

茎葉と一緒に開花
茎葉と一緒に開花

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらのイッピン

4月18日号

「ミュージック・パーク」実現へ

MM21街区NEWS

「ミュージック・パーク」実現へ

4月18日号

冬と夏で花茎の長さが違う

金子さんの草花の不思議発見!第28回 タンポポ

冬と夏で花茎の長さが違う

4月11日号

生誕100年 企画目白押し

MM21街区NEWS

生誕100年 企画目白押し

4月4日号

横浜博から30年、開発9割に

MM21街区NEWS

横浜博から30年、開発9割に

3月28日号

冬でも葉が落ちない落葉樹

金子さんの草花の不思議発見!第27回 クヌギ

冬でも葉が落ちない落葉樹

3月21日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク