金沢区・磯子区版 掲載号:2019年3月21日号
  • LINE
  • hatena

金子さんの草花の不思議発見!第27回 クヌギ 冬でも葉が落ちない落葉樹 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

クヌギ(上)と常緑樹マテバシイの落葉(下、ともに金沢自然公園)
クヌギ(上)と常緑樹マテバシイの落葉(下、ともに金沢自然公園)

 冬の雑木林を歩くと、大部分の落葉樹は葉を落とし、殺風景な木立が目立ちます。しかし「クヌギ」(写真上)は、枯れた葉がそのまま落ちずに枝に残っています。なぜ落葉しないのでしょう。

 落葉樹は一般に冬が近づくと、葉の働きが弱まり冬眠の準備に入ります。そして葉の役目をストップさせるため、葉柄の付け根(葉と枝の接点)に、離層(りそう)と呼ばれる境目を作り、葉と枝の間の水や養分の行き来を遮断させます。そのため落葉樹は離層ができると、葉の役目を終えて全ての葉を落とします。一方、常緑樹は冬でも葉の働きが多少残っているので、離層はできず落葉しません(※)。しかしクヌギ・コナラ類は、大昔ヒマラヤ山麓に生育する南方系の常緑樹でしたが、最後の氷河期の折、ナウマンゾウ等の動物と共に日本まで北上してきました。その結果、日本の気候に準じるように、冬になると落葉する性質を持ち始めましたが、まだ日本での滞在年数が浅いため、離層が十分出来上がっておらず、枯れ葉はそのまま枝に残っています。ただ強風に合うと落葉します。今後数百万年以上経れば離層は完成し、他の落葉樹と同じ状態になることでしょう。

 ※常緑樹も落葉しますが一斉ではなく、主に春から秋にかけて順次、葉を落とします(写真下)。

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらのイッピン

4月18日号

「ミュージック・パーク」実現へ

MM21街区NEWS

「ミュージック・パーク」実現へ

4月18日号

冬と夏で花茎の長さが違う

金子さんの草花の不思議発見!第28回 タンポポ

冬と夏で花茎の長さが違う

4月11日号

生誕100年 企画目白押し

MM21街区NEWS

生誕100年 企画目白押し

4月4日号

横浜博から30年、開発9割に

MM21街区NEWS

横浜博から30年、開発9割に

3月28日号

レンコンの孔は何のため?

金子さんの草花の不思議発見!第26回 レンコン(ハス)

レンコンの孔は何のため?

2月14日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク