金沢区・磯子区版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

金子さんの草花の不思議発見!第29回 アカメガシワ 葉は「毛」で赤くなる!? 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena

 「アカメガシワ」の新葉は鮮やかに赤く紅葉しているように見えます(写真右上)。しかしルーペ(虫眼鏡)でよく見ると、たくさんの細かい毛が表面に生えており、この毛が赤く染まっているのがわかります。葉自体の表面は赤ではなく緑色をしています。そして春から夏へと生長するにしたがい赤い毛は徐々に抜けていき、本来の緑色へと戻っていきます(写真左上)。

 この毛は、表皮の一部が変化したもので「トライコーム」といい、昆虫の食害から守るためで、まだ葉の柔らかい時期だけに見られる現象です。またこの毛は昆虫の足に絡みつき、皮膚を傷つけたり、弱らせたりする効果もあります。

 6〜7月に花弁のない淡黄色の花(雌雄異株)をたくさんつけます(写真下・雄花序)。

 この葉は「五菜葉」または「飯盛葉」といい、祭礼などで食べ物を盛る器に利用してきました。このことから名の由来は、新芽が赤いことと、「カシワ」は食べるときの器を意味しています。

 万葉集には「アカラカシハ」や「ヒサギ」(「ヒサ」はヒョウタンのことで、ヒョウタンの葉に似ている)で表現されています。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

国内外つなぐ商流拠点

国内外つなぐ商流拠点

新港地区盛り上げ、20周年

8月8日号

粒の数だけ「ひげ」がある

金子さんの草花の不思議発見!第32回トウモロコシ

粒の数だけ「ひげ」がある

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

8月8日号

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらのイッピン

7月18日号

アンパンマンの世界を体感

MM21街区NEWS

アンパンマンの世界を体感

全天候型ミュージアムが開館

7月18日号

国内外つなぐ商流拠点

国内外つなぐ商流拠点

新港地区盛り上げ、20周年

7月11日号

初恋の相手はコガネムシ

金子さんの草花の不思議発見! 第31回 ハス

初恋の相手はコガネムシ

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

7月11日号

新しい街で港の歴史伝える

MM21街区NEWS

新しい街で港の歴史伝える

MM玄関口の博物館

6月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

0歳からのコンサート

磯子公会堂

0歳からのコンサート

9月8日 磯子公会堂

9月8日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク