金沢区・磯子区版 掲載号:2019年8月8日号 エリアトップへ

金子さんの草花の不思議発見!第32回トウモロコシ 粒の数だけ「ひげ」がある 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

掲載号:2019年8月8日号

  • LINE
  • hatena

 「トウモロコシ」(玉蜀黍・写真上)は熱帯アメリカ産で、中国名「玉米」(イーミー)、英名「コーン」といい、16世紀後半にポルトガルより導入されました。それ以前より日本には中国から入ってきた「モロコシキビ」があり、これに似ているため「唐モロコシ」と呼ばれるようになりました。しかし「モロコシ」という言葉には、唐から渡来したという意味が含まれているため、トウモロコシは「唐」が重複していることになります。

 実ったトウモロコシには、先端に多数のひげが集まっていますが(写真中央)、この一本一本は中身の食用部である一粒ずつに繋がっています。つまり、ひげの数は食用部の粒の数(写真下)と同じになります。

 トウモロコシは粒の数だけ雌花がつき、ひげは各雌蕊の柱頭に相当します。また一本のトウモロコシの粒は300〜1000個あり、それらが縦に8列から16列と規則正しく並んでいます。

 トウモロコシは自己消化の激しい作物のため、畑から収穫した後は、時間の経過とともにどんどん糖分が減っていくので、直ぐに食べてしまうか、冷凍保存しておく方が賢明です。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

社の姿勢と目標が合致

SDGsパートナー新規認定【4】

社の姿勢と目標が合致 社会

金沢区 神奈川保健事業社

7月2日号

子育てって、楽しい♪

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらのイッピン

6月25日号

食用部は葉の変化

金子さんの草花の不思議発見!第43回 オニグルミ

食用部は葉の変化

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

6月25日号

変化に富んだ花の色

金子さんの草花の不思議発見!第42回 オオムラサキとサツキ

変化に富んだ花の色

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

4月30日号

年々耐寒性が強くなる

金子さんの草花の不思議発見!第41回 ヒメツルソバ

年々耐寒性が強くなる

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

3月26日号

はまぎん・おかねの信託のご案内

もしものとき、あなたの財産をあなたの安心のために活かします!

https://www.boy.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • 成長へV字回復!

    ピンチをチャンスに新たな都市づくり 意見広告

    成長へV字回復!

    横浜市会議員 山本たかし

    6月25日号

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 6月23日19:45更新

  • 6月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク