金沢区・磯子区版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

金子さんの草花の不思議発見!第39回カイヅカイブキ 祖先返りの「葉」が現れる 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena

 庭木や公園樹(写真左上)でよく見かける「カイヅカイブキ」は、ビャクシン(イブキ)の栽培品種といわれますが、定かではありません。

 発芽したばかりの枝や強く剪定した枝には、通常の葉(鱗片葉という)でないスギのような葉(針葉という)が生じることがあります(写真右上)。この針葉はビャクシンの原始的な形質で、発芽時や下部の枝、樹勢が弱まった時によく現れる「祖先返り」という一次的な現象です。祖先返りの現象は、他にイチョウやヒイラギの葉、スイートピーの花色等でも見ることができます。

 また剪定されない若い枝の先端は、捩れて北の方向に傾く性質があります。これは植物ホルモンの関係で、南側が大きく伸びるためです。

 「梨園の近くにカイヅカイブキを植えるな」といわれていますが、カイヅカイブキには「サビ病」の一種が発生しやすく、この病原菌は初め赤味のある茶褐色の塊で、雨の水分を含むと光沢のある黄褐色のゼリー状(写真左下)に変わります。ここから胞子が飛び出し、ナシの葉に付着すると「赤星病」の感染となります。ナシ以外にもリンゴやバラ科の樹木にも伝染していきます。
 

カイヅカイブキ(八景島、写真左)と祖先返りの葉(同右)
カイヅカイブキ(八景島、写真左)と祖先返りの葉(同右)

金沢区・磯子区版のコラム最新6

20万8千筆の署名提出

〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

20万8千筆の署名提出

11月19日号

多様な彩りを見せる果実

金子さんの草花の不思議発見!第48回 ノブドウ

多様な彩りを見せる果実

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

11月5日号

子育てって、楽しい♪

高品質な工事 使命に

高品質な工事 使命に

宮本土木株式会社 代表取締役 其田 和之さん(58)

10月29日号

市、追加調査で準備進める

〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

市、追加調査で準備進める

10月29日号

花はレッドワインの香り

金子さんの草花の不思議発見!第47回 クズ

花はレッドワインの香り

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

10月8日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク