金沢区・磯子区版 掲載号:2020年3月19日号 エリアトップへ

新型コロナ対応 食品と元気 家庭に届ける こども食堂運営団体が企画

社会

掲載号:2020年3月19日号

  • LINE
  • hatena
食品を届ける久保田代表
食品を届ける久保田代表

 横浜市内の教育機関で一斉休校の措置が3月24日まで延長されるなど、新型コロナウイルスの感染拡大はいまだに終息する気配をみせない。そんな中、児童・生徒や保護者に少しでも元気になってもらおうと、区内でこども食堂を展開する団体が、家庭に食品を届ける取り組みを行っている。

 杉田キリスト教会で月1回こども食堂を行うキッズカフェ杉田(久保田顕代表)は感染拡大防止のため3月28日の開催を見送った。子ども食堂を利用する家庭の中には、仕事などで保護者が日中、留守にするケースも少なくない。子どもたちの見守り活動も含めて3月10日から約10件に食品を届ける活動を行った。「外出する機会が限られる子どもたちと少しでも交流を図り、元気になってもらえばと企画した。子どもたちが元気そうで何よりです」と久保田代表は話した。

一人親家庭の支援も

 こども食堂とひとり親家庭支援のサロンを月1回行う金沢区の「すくすく」(加々美マリ子代表)は3月の3周年イベントを急遽中止にした。イベントで使用する予定だった食品などを来場予定者に届けたところ、ひとり親家庭の保護者が特に不安を感じていたという。当初食品の配達は考えていなかったというが、「少しでも皆さんの不安軽減につながれば」と週1回、企業や個人から寄付された食品を届けている。

 「コミュニケーションを取り、心のケアにもつなげていきたい」と加々美さんは話した。

食品の仕分けをする加々美さん(左から2人目)ら
食品の仕分けをする加々美さん(左から2人目)ら

アピタ金沢文庫店 魅力を紹介⑪

9月24日(木)~27日(日) アピタ誕生4周年祭開催!

http://www.apita-kanazawabunko.com/ihaG8F

<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

5商品が新規認定

横浜金沢ブランド

5商品が新規認定 文化

地元の新たな逸品に

9月24日号

学習支援続け1年

六浦地域ケアプラザ

学習支援続け1年 社会

元教員らボラ 児童・生徒に

9月24日号

働く魅力 中高生に伝える

働く魅力 中高生に伝える 社会

NPOが冊子7万部を配布

9月17日号

ブロック塀対策足踏み

市立小通学路

ブロック塀対策足踏み 社会

危険箇所約2,000件

9月17日号

町内会のICT支援へ

横浜市

町内会のICT支援へ 社会

コロナ対策で予算計上

9月10日号

金沢区 救急搬送 1.7倍

熱中症

金沢区 救急搬送 1.7倍 社会

磯子区は微増

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 新たな日常への挑戦

    アフターコロナ社会を生き抜く 意見広告

    新たな日常への挑戦

    横浜市会議員 山本たかし

    9月24日号

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月9日18:45更新

  • 9月3日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク