神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

新型コロナ対応 食品と元気 家庭に届ける こども食堂運営団体が企画

社会

公開:2020年3月19日

  • LINE
  • hatena
食品を届ける久保田代表
食品を届ける久保田代表

 横浜市内の教育機関で一斉休校の措置が3月24日まで延長されるなど、新型コロナウイルスの感染拡大はいまだに終息する気配をみせない。そんな中、児童・生徒や保護者に少しでも元気になってもらおうと、区内でこども食堂を展開する団体が、家庭に食品を届ける取り組みを行っている。

 杉田キリスト教会で月1回こども食堂を行うキッズカフェ杉田(久保田顕代表)は感染拡大防止のため3月28日の開催を見送った。子ども食堂を利用する家庭の中には、仕事などで保護者が日中、留守にするケースも少なくない。子どもたちの見守り活動も含めて3月10日から約10件に食品を届ける活動を行った。「外出する機会が限られる子どもたちと少しでも交流を図り、元気になってもらえばと企画した。子どもたちが元気そうで何よりです」と久保田代表は話した。

一人親家庭の支援も

 こども食堂とひとり親家庭支援のサロンを月1回行う金沢区の「すくすく」(加々美マリ子代表)は3月の3周年イベントを急遽中止にした。イベントで使用する予定だった食品などを来場予定者に届けたところ、ひとり親家庭の保護者が特に不安を感じていたという。当初食品の配達は考えていなかったというが、「少しでも皆さんの不安軽減につながれば」と週1回、企業や個人から寄付された食品を届けている。

 「コミュニケーションを取り、心のケアにもつなげていきたい」と加々美さんは話した。

食品の仕分けをする加々美さん(左から2人目)ら
食品の仕分けをする加々美さん(左から2人目)ら

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

救急要請を“予防”

横浜市消防局

救急要請を“予防”

出場件数急増に危機感

5月23日

科学の楽しさ伝え40年

はまぎん こども宇宙科学館

科学の楽しさ伝え40年

体験型の学びの場に

5月23日

区役所玄関で「植物発電」

磯子区

区役所玄関で「植物発電」

脱炭素化普及へ新展示

5月16日

耐震適合率は7割

横浜市主要水道管

耐震適合率は7割

国の調査、全国平均超え

5月16日

DX対応でサイト新設

地域子育て支援拠点

DX対応でサイト新設

6月開始のアプリと連携も

5月9日

木星探査機開発に貢献

横浜プレシジョン

木星探査機開発に貢献

宇宙科学研究所から感謝状

5月9日

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook