神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

関東学院大サッカー部 5人がプロの舞台へ J1に2人は過去最多

スポーツ

公開:2023年1月5日

  • LINE
  • hatena
所属先のユニフォームを着た坂本選手、村上選手、藤本選手、河波選手、岩元選手(左から)
所属先のユニフォームを着た坂本選手、村上選手、藤本選手、河波選手、岩元選手(左から)

 関東学院大学(金沢区六浦東)サッカー部から、新たにJリーガーが5人誕生する。J1のクラブへ2人が加入するのは、同大で過去最多。昨年12月22日には金沢八景キャンパスで記者会見が行われ、それぞれがプロの舞台へ向けた意気込みを語った。

 同大は2006年から横浜F・マリノスと提携。「大学とJクラブが共に学生を育てる」ための取り組みを進め、近年は毎年のようにJリーガーを輩出している。

 来季からのJクラブ加入が内定したのは村上悠緋選手(J1/横浜F・マリノス)、河波櫻士選手(同/サガン鳥栖)、岩元ルナ選手(J2/ザスパクサツ群馬)、藤本裕也選手(J3/松本山雅FC)、坂本順平選手(同/YSCC横浜)の5人。J1クラブへの加入は、15年度卒業の富樫敬真選手以来7年ぶり。2人の加入は同大で過去最多となる。田林雄サッカー部部長は「攻守にアグレッシブなサッカーを継続してきた成果。今回は5人も決まり、実りの多いシーズンとなった」と話す。

村上選手は昨年デビュー

 昨年12月に同大で開かれた記者会見には、5人と小山嚴也学長、奈良安剛サッカー部監督、田林部長が出席した。

 学生でも公式戦に出場できる特別指定選手として、8月にプロデビューした村上選手。「できる部分もあると感じたので、1年目から自分の持ち味のゴールへの嗅覚や決定力を出していきたい」と意気込む。奈良監督が「爆発的なスピードと左足のキックはプロのレベルでも通用する」と称する河波選手は「多くの人が評価してくれて、プロサッカー選手という夢が叶った。感謝を忘れずにやっていきたい」と抱負を語った。

「仲間の大切さ」感じた

 同大サッカー部には約100人の部員が所属している。地元の中学生の指導といった地域貢献も行いながら、部員たちは日々の練習や試合で切磋琢磨してきた。「大学では仲間の大切さに気付いた。同級生や下級生など、仲間の存在があって4年間ぶれずにサッカーに取り組めた」と副キャプテンの岩元選手。藤本選手は「練習前の落ち葉拾いなどの積み重ねが、大事なところで勝利につながると教わった」と大学生活を振り返った。

 旭区出身の坂本選手は、地元のYSCCでプロのキャリアをスタートさせる。「ここからがスタート。まずは開幕戦に出て、チームのJ2昇格に貢献したい」。小山学長は「OB含め、皆さんの活躍を楽しみにしている」とエールを送った。

ウスイホーム杉田店

横浜市磯子区中原4-26-27 0120-938-173

https://www.usui-home.com/

桧家住宅

7月13日㈯、14日㈰完全予約制説明会開催

https://www.hinokiya.jp/bunjyo/kanagawa/202207/48877.html

<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

「赤い魚」で募金活動

ブリリアシティ横浜磯子

「赤い魚」で募金活動

楽しみながら地域貢献

7月11日

コロナ前水準に回復

横浜市観光客数

コロナ前水準に回復

前年2割増の3600万人

7月11日

自転車県大会を連覇

小田小児童

自転車県大会を連覇

2年連続で全国出場へ

7月4日

児童虐待対応 過去最多に

横浜市

児童虐待対応 過去最多に

初めて1万4千件超える

7月4日

県大会で初優勝

小学生ハンドボール

県大会で初優勝

金沢区拠点に活動

6月27日

「健診未受診」に不安の声

市立小中校の不登校者増

「健診未受診」に不安の声

市、他事例調査し取組検討

6月27日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月20日0:00更新

  • 6月13日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook