神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
金沢区・磯子区版 公開:2023年11月30日 エリアトップへ

総合車両製作所 小学生の見学受け入れ 「ものづくり」の魅力にふれる

社会

公開:2023年11月30日

  • X
  • LINE
  • hatena
日本初のステンレス車両を見学する児童
日本初のステンレス車両を見学する児童

 鉄道車両メーカー「総合車両製作所」=金沢区大川=は11月10日から3回にわたり、小田小学校=同区富岡西=の5年生児童107人の見学を受け入れた。先進的な技術を持った同社を見学することで、「住み続けたい街になれば」と区が企画。24日は5年2組が同社を訪れ、鉄道車両が人の手でつくられていく様子を熱心に見学していた。

 新幹線や通勤型車両などを製造する同社では、今回、区役所からの依頼を受け、「ものづくりに興味をもってほしい」という思いから工場見学を実施した。

 冒頭で同社の渡邉敦総務部部長が「日本の大手鉄道車両メーカーは5つあるが、関東にあるのは当社のみ。従業員が心を込めてつくっているので、ぜひ鉄道車両を好きになってもらえれば」とあいさつ。その後、児童は軍需工場跡地に建てられた広大な敷地にある工場の一部を見学して回った。

手でつくられる車両

 見学する中で児童たちは同社が1958年に日本で初めて開発・生産し、現在国内の通勤電車総数の約6割を占める「ステンレス車両」の特徴である硬くてさびにくい点を実際の車両を見ながら学習。車体をつくる工程では、一枚のステンレスから溶接などをしてハンマーでたたいたり、ガスバーナーで修正するなど人の手で車両がつくられていく過程を興味深そうに見学していた。

 また、1つの車両が約4カ月かけてつくられることや、新幹線などは受注から納品まで3〜4年かかると社員が説明。質疑応答では生産台数が多い乗用車の生産はオートメーション化されている一方、台数が限られる電車では手作業でつくられている箇所が多いと回答。児童は「自分たちが乗っている電車が身近な場所でつくられていることを知れてよかった」と話していた。

並木地域ケアプラザ ケアマネジャー募集

人の話を聞くことが得意な方、地域のために働きたい方など、ぜひ一緒に働きませんか?

https://job-gear.net/namikicareplaza/

<PR>

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

特養待機者減へ新指針

横浜市

特養待機者減へ新指針

居住費などに独自助成

2月22日

南共済病院空地に新広場

六浦東地区

南共済病院空地に新広場

住民と関東学院大など協力

2月22日

能登半島地震受け再編成

横浜市予算案

能登半島地震受け再編成

地震防災対策を強化

2月15日

「英語で考え、語る」教育を

西金沢学園

「英語で考え、語る」教育を

24年度 市のモデル校に

2月15日

災害時に中学生の力を

磯子区

災害時に中学生の力を

新たに防災啓発動画公開

2月8日

出産費最大9万円を助成

横浜市予算案

出産費最大9万円を助成

子育て支援強化へ

2月8日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月22日0:00更新

  • 1月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook