神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

市政報告【5】 出産費の負担軽減を要望 公明党横浜市会議員 たけだ勝久

公開:2024年2月22日

  • X
  • LINE
  • hatena

 昨年12月の横浜市会本会議にて、公明党市議団を代表して初めての一般質問に臨み、「出産に係る費用の負担軽減」について質問を行いました。

 出産育児一時金の制度が国で創設されたのは1994(平成6)年。出産に伴う経済的負担の軽減を主張し続けてきた公明党がリードし、支給額を30万円として始まりました。

 以降も公明党は妊産婦の声を受け止め、支給額の引き上げを粘り強く推進。2006(平成18)年に35万円、09(平成21)年には42万円、23(令和5)年4月からは50万円へと段階的に増額を実現してきました。

 しかし、首都圏に位置する横浜市は出産に係る費用が高額で、50万円では賄えないという話を私も市民相談で伺いました。また、昨年実施された本市独自の出産費用調査によると、世帯収入に関わらず、84・5%ものご家庭が経済的負担を感じていることが明らかになりました。

横浜独自の支援実現

 子どもを望まれる全てのご家庭が、安心して子どもを産み育てられるように支援していくことが重要であり、本会議では「出産費用の負担軽減に向けた本市独自の支援を世帯の収入に関わらず幅広く行うべき」と山中竹春市長に質問しました。山中市長は「経済的な負担を軽減し、安心して出産ができる環境を整えていくため、本市独自の支援についてスピード感を持って検討いたします」と答弁しました。

 さらに今年1月5日には、公明党横浜市議団として市長に要望書を提出し、「市内の公的病院の出産費用にかかる基礎的費用を100%カバーするような制度とすること」と提案しました。山中市長は「要望をしっかり受け止めて次年度予算で対応していきたい」と表明しました。

 同月29日に発表された24(令和6)年度横浜市予算案では、この提案を反映させることができ、本市独自に9万円を上限に助成することが示されました。出産費用に躊躇することなく、誰もが安心して出産できる環境の実現に向けて、現在開会中の横浜市会定例会にて引き続き議論してまいります。

たけだ勝久

横浜市磯子区磯子2-25-4

TAKEKATSU:21

https://takeda-katsuhisa.com/

金沢区・磯子区版の意見広告・議会報告最新6

誰ひとり取り残されない学びの保障を

神奈川県議会議員 あらい絹世 県政報告

誰ひとり取り残されない学びの保障を

令和6年度予算が可決

4月4日

地域の声を届け、より良い市政を!

市政報告

地域の声を届け、より良い市政を!

横浜市会議員 二井くみよ

3月28日

委員長を支え副委員長として円滑な議事進行を運営

産業労働常任委員会報告 県政報告

委員長を支え副委員長として円滑な議事進行を運営

県議会議員 市川さとし

3月28日

令和6年度予算審査

令和6年度予算審査

横浜市会議員 関勝則

3月28日

「お悔やみ窓口」のモデル開設

市政報告【6】

「お悔やみ窓口」のモデル開設

公明党横浜市会議員 たけだ勝久

3月21日

「当事者目線の障害者支援」の定着へ尽力

県内視察 中井やまゆり園調査 県政報告

「当事者目線の障害者支援」の定着へ尽力

県議会議員 市川さとし

2月29日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月11日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月14日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook