神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

プロバスケ横浜BC 磯子の小学生と交流 初のホームタウン企画

スポーツ

公開:2024年4月4日

  • X
  • LINE
  • hatena
ドリブルをする山田コーチ(右)と児童
ドリブルをする山田コーチ(右)と児童

 磯子区の文化・体育施設「たきがしら会館」で3月28日、プロバスケットボールチーム「横浜ビー・コルセアーズ(横浜BC)」による小学生向けのクリニックが開かれた。横浜BCと磯子区連合町内会長会、磯子区役所による、初めてのホームタウン企画。地域活性化を目指し、区は今後も3者で連携した取り組みを企画していく。

 以前から同館を練習拠点としている横浜BCは、2023年6月から同館の指定管理も開始。磯子区での地域貢献や地域活性化を進めようと、横浜BCと区連合町内会長会、区役所の3者は今年1月にホームタウン活動に関する協定を結んでいた。今回のクリニックはホームタウン活動の第一弾で、3者による初めての企画となる。

プロ輩出へ期待

 当日は約50人の児童が参加し、低学年と高学年に分かれて横浜BCのスクールコーチと一緒にバスケを楽しんだ。講師を務めた山田光佑コーチは「誰にとっても初めての時があって、最初から上手な人はいない。失敗を恐れないで楽しく取り組んでほしい」と話し、低学年には体の動かし方からドリブル・シュートの基礎などを指導。新倉忠治君(当時滝頭小1年)は「ドリブルでボールを足の下を通すのが楽しかったし、まあまあうまくできた」と話した。

 横浜BCには、地元の磯子小・岡村中を卒業したキング開選手が所属している。区連合町内会長会の横田秀昭会長(当時)は、「ぜひ皆に上手になってもらい、第二、第三のキング開選手になってください」と期待を込めた。区では今後も協定に基づき、横浜BCと連携したイベントなどを企画していく予定だ。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

救急要請を“予防”

横浜市消防局

救急要請を“予防”

出場件数急増に危機感

5月23日

科学の楽しさ伝え40年

はまぎん こども宇宙科学館

科学の楽しさ伝え40年

体験型の学びの場に

5月23日

区役所玄関で「植物発電」

磯子区

区役所玄関で「植物発電」

脱炭素化普及へ新展示

5月16日

耐震適合率は7割

横浜市主要水道管

耐震適合率は7割

国の調査、全国平均超え

5月16日

DX対応でサイト新設

地域子育て支援拠点

DX対応でサイト新設

6月開始のアプリと連携も

5月9日

木星探査機開発に貢献

横浜プレシジョン

木星探査機開発に貢献

宇宙科学研究所から感謝状

5月9日

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook