神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

磯子区 区役所玄関で「植物発電」 脱炭素化普及へ新展示

社会

公開:2024年5月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
区役所正面玄関前にある「植物発電」の展示=写真上、文字や植物には小さな電飾を設置=同右
区役所正面玄関前にある「植物発電」の展示=写真上、文字や植物には小さな電飾を設置=同右

 磯子区は新たに、区役所正面玄関前で環境にやさしい「植物発電」の展示を始めた。横浜市が2027年に開催する「GREEN×EXPO2027」の目指す脱炭素社会の実現へ向けた取り組みの一つ。新たな技術を区民らに知ってもらうことで、脱炭素化の普及啓発につなげていく狙いだ。

電源不要で光

 展示されているのは、植物の力を用いた発電の仕組みを伝える「ボタニカルライト」。「GREEN×EXPO2027」という文字や植物が合わせて置かれ、文字や植物の周りに小さな電飾が取り付けられている。

 ライトには(株)グリーンディスプレイ=東京都=と、(株)ニソール=埼玉県=が共同開発した技術を活用。電飾は土の中に入った電極とつながり、土の中の微生物が生命活動をするときに放出される電子を利用して発電する。電源不要で土に電極を挿すだけで電力を得ることができる上、発電の際に排出されるのは水のみ。環境にやさしいエネルギーとして期待を集め、実用化に向けた研究が進められている。

 磯子区では昨年度、区内に製油所が立地するENEOSホールディングス(株)の協力で太陽光発電パネルの展示を開始。次世代を担う子どもたちに、再生可能エネルギーや脱炭素型のライフスタイルに関心をもってもらおうと、現在も1階で展示を続けている。

 植物発電もこうした普及の一環で、区役所担当者は「小さい光だけど、植物にも電気になるエネルギーがあることを知ってもらい、脱炭素に興味も持ってもらえたら」と話す。展示に加え、今年中に小学生を対象に、植物発電の仕組みを楽しく学べるワークショップも企画する予定だという。

花の育て方講座も

 脱炭素化につながる取り組みとして、磯子区では花の種・球根の無料配布や、花の育て方講座にも取り組んでいる。直近では6月17日(月)午後3時から行う講座の参加者を現在募集中。参加無料。希望者は市電子システムのフォームか、申込書に記載してファックスか郵送、窓口で提出して申し込みを。5月31日必着。

 展示や講座に関する問い合わせは、磯子区区政推進課【電話】045・750・2331。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

救急要請を“予防”

横浜市消防局

救急要請を“予防”

出場件数急増に危機感

5月23日

科学の楽しさ伝え40年

はまぎん こども宇宙科学館

科学の楽しさ伝え40年

体験型の学びの場に

5月23日

区役所玄関で「植物発電」

磯子区

区役所玄関で「植物発電」

脱炭素化普及へ新展示

5月16日

耐震適合率は7割

横浜市主要水道管

耐震適合率は7割

国の調査、全国平均超え

5月16日

DX対応でサイト新設

地域子育て支援拠点

DX対応でサイト新設

6月開始のアプリと連携も

5月9日

木星探査機開発に貢献

横浜プレシジョン

木星探査機開発に貢献

宇宙科学研究所から感謝状

5月9日

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook