神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

はまぎん こども宇宙科学館 科学の楽しさ伝え40年 体験型の学びの場に

社会

公開:2024年5月23日

  • X
  • LINE
  • hatena
地球から見える月の満ち欠けを再現する「月の満ち欠け装置」
地球から見える月の満ち欠けを再現する「月の満ち欠け装置」

 磯子区洋光台の「はまぎん こども宇宙科学館」(横浜こども科学館)が、5月5日で開館40周年を迎えた。ギネス世界記録に登録されたプラネタリウムを備える体験型の科学館として、現在でも多くの人々が訪れる同館。地域に根差した科学館として、展示や体験企画を通じて科学の楽しさや知識を伝え続けている。

 同館は1984年に「横浜こども科学館」として開館。科学への関心を育む場として、体験ができるコーナーも多く設けられ、年間約30万人が訪れている。2008年からはネーミングライツが導入され、現在の施設名となった。

 22年にはプラネタリウムに新たな投影機「メガスターIIA」を導入。少なくとも7億個の恒星を投影することができるとして23年にはギネス世界記録にも登録され、注目を集めている。

 開館記念日にあたる5日の閉館後には、記念イベントとしてプラネタリウムの特別投影を実施。地域関係者や一般住民ら約100人が集まり、開館当時の様子と現在を比較した映像や星空を眺めて節目を祝った。

 坂巻たみ副館長は「展示や企画を通じて科学が好きな子だけでなく、興味のない子どもたちにも少しでも興味を持ってもらえれば。そうした子どもたちが、少しずつ増えている実感がある」と話す。

5階に新展示

 館内の一部展示物は開館当初から使われ続けているものもあるが、時代に応じて少しずつ変化している。今年に入ってからは、リニューアルした5階に「太陽系公転軌道模型」や「月の満ち欠け装置」を導入。教科書だけでは分かりにくいという教育現場からの要望を踏まえ、惑星の動きや月の見え方など実際に見て学べる展示としている。

 的川泰宣館長は「展示物に頼らず、科学教室や工作などの体験が多いのが特徴。職員だけでなく、地域の方やボランティアの方にも支えられている」と話し、今後も地域に根差した施設として歩みを進めていく。

金沢区・磯子区版のトップニュース最新6

「誰でも通園」6月下旬から

横浜市

「誰でも通園」6月下旬から

独自に「定期利用」を条件

6月13日

春季県大会を初制覇

汐見台中野球部

春季県大会を初制覇

市大会に続き頂点に

6月13日

歌で「侍従川」に親しみを

歌で「侍従川」に親しみを

金沢区の有志らが制作

6月6日

「こども・若者・女性」に重点

横浜市自殺対策

「こども・若者・女性」に重点

社会情勢変化に対応

6月6日

互いを認め合える一歩に

まんまる音楽劇

互いを認め合える一歩に

障がいかかわらず舞台へ

5月30日

高齢者に増加傾向

市内の消費生活相談

高齢者に増加傾向

4コマ漫画等で注意喚起

5月30日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月13日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook