中区・西区版 掲載号:2013年10月17日号
  • googleplus
  • LINE

山下公園の「友好の像」 モデルの田中さん、西区に 日米で在住判明

社会

自身がモデル(右側)となった友好の像の前で田中さん=11日
自身がモデル(右側)となった友好の像の前で田中さん=11日
 1962年に山下公園内に建てられた「日米ガールスカウト友好の像」。この像のモデルとなった田中紘子さんが現在、西区藤棚町在住であることがこのほど分かり、10月11日には銅像近くの会場で日米モデルのインタビュー映像を交えた報告会が行われた。

 この「友好の像」は、日本ガールスカウトの世界連盟加入と、アメリカガールスカウト創立50周年を記念して建立されたもの。日米の団員が敬礼し握手する姿が友好を示している。

 そのモデルが、当時、横浜学園高等部3年だった田中紘子さん(70)と、米軍根岸住宅内のリチャード・E・バード小学校6年のリビー・ワトソン(63)さんだった。

 日米のモデルを探し出したのは、米国バージニア州アーリントン在住のベスト加島聡子さん(43)。南区生まれ、海老名市育ちの加島さんは、小学3年生から団に所属し、米国在住の現在も県内の団に所属する。

 加島さんは数年前、偶然に団関連の冊子で「友好の像」の記事を見つけ、初めてモデルの名前を知ったという。調査を開始したのは今年3月。氏名を頼りにインターネットなどを活用することで、ワトソンさんはテキサス州在住であることが判明した。田中さんの調査は難航したものの、日本に同姓同名の絵画教室主宰者がいることを友人が発見し、手紙を送ることで当人であることが分かった。

 加島さんは、事前に2人にインタビューし、その映像をまとめ今回の報告会で披露した。会場には極東支部のバーバラ・ヒル事務局長や日本連盟理事をはじめ関係者約30人が出席した。

 田中さんは「よくぞ探してくれた。半分記憶の外に出ていたが、よみがえった」と笑顔で話す。現在は、美術団体「旺玄会」委員であり、30年にわたり障害者に絵を教える活動をしている。「一日一善というスカウトの精神が生きていたのかな」と話していた。

自治会町内会へ入ろう!

いざという時に一番の助けになる身近な存在、それが「自治会町内会」

http://www.naka-kurenkai.org/entry/

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6件

ごみ分別案内にAI導入

横浜市

ごみ分別案内にAI導入

3月29日号

今週末に開校

みなとみらい本町小学校

今週末に開校

3月29日号

震災の体験・いじめ知る

3.11復興支援講演会

震災の体験・いじめ知る

3月22日号

関内駅前に関東学院大

自治会に手作り頭巾贈呈

一本松小6年1組

自治会に手作り頭巾贈呈

3月15日号

「中区三師会」ロゴ決定

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク