中区・西区版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

横浜駅 工事仮囲いで情報発信 市民から写真を募集

経済

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena
写真や特集記事などを掲示
写真や特集記事などを掲示

 JR東日本が、横浜駅西口で進めるビル新築工事に伴う仮囲いフェンスを活用した地域情報発信プロジェクトを昨年末から開始した。市内初の取組みで、現在、第2号制作に向けて市民からの投稿を募集している。

 2020年開業をめざす「横浜駅西口開発ビル新築工事」(仮称)。この工事の仮囲いフェンス約170mを活用した情報発信プロジェクト「have a Yokohama」が始まったのは昨年11月末。JR東日本が企画し、横浜で活躍するデザイン会社「スタジオゲンクマガイ」と「ノガン」がコンテンツ制作を担当する。

 仮囲いフェンスを誌面に見立て、新駅ビル情報のほか、定期刊行誌のように様々なテーマで情報を掲載。年3、4回の更新を予定する。市民から写真を募集するのも特徴で「横浜の、横浜による、横浜のための」情報発信が狙いだ。同社担当者は「工事中は駅利用者の皆様にご不便をお掛けしますが、このプロジェクトが横浜の魅力再発見につながれば。ぜひ皆さんと一緒に作り上げていきたい」と話す。

 昨年末から始まり現在掲載されている創刊号の特集テーマは「お気に入りの朝」。横浜駅の始発電車の風景などが掲出されている。

 3月から始まる第2号の特集テーマは「横浜集合!!」。春に向け、仲間や家族と思い思いの場所で「横浜集合」している写真を募集している(締切は4月10日)。

 プロジェクト詳細はフェイスブックページ(https://www.facebook.com/karigakoi/)で確認を。
 

中区・西区版のトップニュース最新6

野毛大道芸 新たな形で

野毛大道芸 新たな形で 文化

屋内で人数制限し、開催

1月21日号

宿館屋上でグランピング

寿地区

宿館屋上でグランピング 経済

新たな魅力創出に

1月21日号

3館合同で初の作品展

本牧原

3館合同で初の作品展 社会

コロナ禍 活動発表の場に

1月14日号

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 経済

市、一部補助も

1月14日号

地域活性、担い手育成に力

西区長インタビュー

地域活性、担い手育成に力 政治

コロナ禍 ICT活用支援

1月7日号

健康づくりと活性化を

中区長インタビュー

健康づくりと活性化を 政治

コロナの対策踏まえ

1月7日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月7日12:21更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク