中区・西区版 掲載号:2016年2月18日号 エリアトップへ

伊勢佐木町 「火伏神輿」が滋賀県へ 国宝に並ぶ展示 地元期待

文化

掲載号:2016年2月18日号

  • LINE
  • hatena

 伊勢佐木町1・2丁目が所蔵する高村光雲彫刻の「火伏(ひぶせ)神輿」が3月29日から約1カ月半の間、滋賀県の美術館に展示されることになった。多くの国宝や重要文化財と並ぶ扱いに、地元では盛り上がりをみせている。

 大正天皇即位記念事業の一つとして伊勢佐木町の町内会で企画され、横浜一の神輿を奉納すべく2年もの歳月をかけて制作された「火伏神輿」。滋賀県甲賀市にある美術館「MIHO MUSEUM」の依頼を受けて、春季特別展として開催される「かざり〜信仰と祭りのエネルギー」の中で、3月29日から5月15日まで展示される。神輿は1991年から多くの人に見てもらうため神奈川県立歴史博物館=中区=のエントランスに収蔵展示されており、お三の宮日枝神社例大祭(9月)で白装束の担ぎ手が厳かにイセザキ・モールを練り歩く「火伏神輿行列」の期間中にモール内で展示されるほかは、外への貸出しは今回が初めてだという。

「街の宝、文化財に」

 制作においては町内で神輿制作の筆頭者となった渡辺順吉さんが、先代と親交のあった彫刻家、高村光雲氏に依頼。設計や御宮造り、蒔絵、金具など当時の第一人者を集め、1921(大正10)年から制作をスタート。しかし完成を目前に控えた23年9月1日、関東大震災が起こる。組立前で分散加工をしていたことが幸いしてか、無事難を逃れた。その後横浜大空襲も乗り越えたことから災難よけの神輿として崇められ、「火伏神輿」と呼ばれるようになったという。金色の鳳凰を付けた天子の乗り物である鳳輦(ほうれん)形で大分県の宇佐八幡宮に宝蔵されている神輿をかたどり、古代神輿の粋を極めている。

 搬出作業は順吉さんの孫にあたる渡辺洋三さんら関係者が見守るなか行われた=写真。文化財などの指定は受けていないが、早稲田大学文学学術院講師で文化財修復を手掛ける櫻庭裕介さんは「巨大な工芸品。組紐も複雑で、現代ではもう作れる人がいない」という。協同組合伊勢佐木町一、二丁目商和会の廣井晴雄理事長は「街の宝として大切にしていきたい」。伊勢佐木町1・2丁目地区商店街振興組合の加藤昇一理事長は「専門家から国宝級だとお墨付きをいただけて嬉しい。今後文化財取得に向けて働きかけていきたいと思う。地元の皆様にも火伏神輿の素晴らしさをぜひ知ってもらいたい」と話していた。

中区・西区版のトップニュース最新6

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

マルシェで「地産地消」促進

中区

マルシェで「地産地消」促進 社会

SDGs推進の一助に

5月19日号

ウクライナ避難民を支援

横浜市

ウクライナ避難民を支援 社会

MMに交流カフェ開設

5月12日号

本牧の藤野さん県代表に

ベストオブミス

本牧の藤野さん県代表に 社会

今秋、全国大会へ

5月12日号

海外移住資料館が一新

JICA横浜

海外移住資料館が一新 文化

多文化共生の理解深化に

5月5日号

「医美アワード」で最優秀賞

医療用テープ

「医美アワード」で最優秀賞 社会

平沼拠点の2人が制作

4月28日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook