中区・西区版 掲載号:2018年3月8日号 エリアトップへ

西前小6年生 手書き新聞で商店街紹介 卒業前、思いを形に

教育

掲載号:2018年3月8日号

  • LINE
  • hatena
米山理事長(左)にインタビューする児童たち
米山理事長(左)にインタビューする児童たち

 卒業を控えた西前小学校6年3組の児童たちが、地元藤棚商店街にスポットをあてた「藤棚スマイル新聞」を昨年12月から発行してきた。3月2日には第3号が発行され、児童たちは卒業までに商店街の地図作りにも挑戦する。

 新聞作成は街の盛り上げをテーマにした同クラスの授業の一環。児童たちから「商店街をもっと明るくしたい」という声を受け、担任の小澤真由美教諭が藤棚一番街協同組合の米山博之理事長に相談。米山理事長からの「新聞や地図を作ってほしい」との要望に応える形で始まった。

 昨年10月から取材や作成を進め、12月に創刊号を発行。ほぼ1カ月ペースで3号発行してきた。サイズはA3判で手書き。児童が撮った写真も掲載されている。

 創刊号は商店街の新店舗紹介や、各店の年末年始おすすめ商品などを掲載。第2号では藤棚出身の歌手・黒沢博さんが主演した映画の撮影現場に子どもたちが遭遇。黒沢さんにインタビューし、商店街への思いや昔の思い出を記事にした。

 最新号となった第3号は米山理事長へのインタビューのほか、商店街で長年続く店舗や近隣の花見スポットが紹介されている。

 第3号の取材日だった2月20日は、25人の児童が理事長担当、店舗担当など4つのグループに分かれて商店街を探索。店舗を回ったグループは店先でひなまつりや新学期にちなんだ商品が売っているか質問。店員が答えると一生懸命メモを取っていた。「藤棚商店街は昔から馴染みがあるけれど、1つ1つのお店のことはよく知らなかった」と児童のひとり。

 米山理事長を取材した児童たちはやや緊張しながらも「商店街が百年を迎えてどう思いますか」「今の商店街の良いところは何ですか」などと10分近く質問。子どもたちの直撃を受けた米山理事長は「街のことを考えてくれていると思うと嬉しい限り。将来の商店街を担ってほしい」と笑顔を見せていた。

まちなかで掲示中

 今後は最終号として各自が学んだことを寄せ書き形式で発行するほか、ひとり1店舗を担当し、実際に使えるような商店街マップの作成も予定している。「藤棚スマイル新聞」は商店街内の掲示版のほか、藤棚らいぶステーションで読むことができる。

中区・西区版のトップニュース最新6

頂点目指し、世界の舞台へ

フルコンタクト空手

頂点目指し、世界の舞台へ 社会

西区在住の冨村日花さん

6月30日号

他公共施設の5倍の利用

横浜市EV公道充電器

他公共施設の5倍の利用 社会

実験1年、月平均259回に

6月30日号

10代堅調、20代で急落

選挙投票率

10代堅調、20代で急落 政治

市、若年層啓発に注力

6月23日号

分かち合い大切に10年

中区翁町の相談室

分かち合い大切に10年 社会

依存症など当事者が対応

6月23日号

横浜海岸教会が150年

横浜海岸教会が150年 社会

地域に開かれた日曜礼拝

6月16日号

本牧で和食クッキング

米国外交官

本牧で和食クッキング 文化

家庭料理に舌鼓

6月16日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月30日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook