中区・西区版 掲載号:2018年5月17日号 エリアトップへ

野毛の寝具店「丸共」 95年の歴史に幕 対面販売にこだわりぬく

経済

掲載号:2018年5月17日号

  • LINE
  • hatena
「セールの看板は父のアイデア」と話す田中社長
「セールの看板は父のアイデア」と話す田中社長

 創業95年、野毛の寝具店「スリープショップ丸共」=中区野毛町2の89=が7月末で閉店する。大正12年から続く老舗だけに、利用者からは閉店を惜しむ声が聞かれる。田中昭彦社長(52)は「先代に感謝したい」と、閉店まで店頭に立ち、来店者の対応にあたる。

 スリープショップ丸共は、1923(大正12)年11月1日に「かさぶろう」という商人が野毛で布団店を開いたのが始まり。その後、行商から貸布団や打ち返しの全盛の時代をへて、高級羽毛布団などを扱う寝具専門店として今日に至る。

 閉店は、同店が位置する地域の開発計画によるもの。閉店後は、旭区の鶴ヶ峰本店で布団直しなどのアフターフォローを引き継ぐとしている。普段は本店に詰める4代目の田中社長は、4月末からの閉店セールにともない、最終日まで実家でもある野毛店の店頭に立つ。「閉店セールの看板を見て、『なんで』って顔を出してくれる人がたくさんいる」と目を細めて話した。顧客に閉店の知らせを出したところ、地元からはもちろん、横須賀や鎌倉、川崎などからも来客があるという。

父との思い出いっぱい

 田中社長の妹でフォトグラファーのしいれいさんは「生まれ育った場所のお店がなくなるのはとてもさみしい」と閉店をしのぶ。田中さんの父親である先代は7年前に他界、その後は母親がスタッフとともに店を切り盛りしてきた。しいれいさんは「生前、父はいつも店のことを考えていました。父との思い出がいっぱいです」と振り返る。

 同店は、ネット販売は行わず対面販売にこだわり、最後までその方針を貫く。閉店は7月29日となっている。

中区・西区版のトップニュース最新6

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

「力作」で防犯啓発

東久保町元交番

「力作」で防犯啓発 社会

閉鎖後も地域安全に一役

10月22日号

新聞広告が部門賞に

横浜市緑の協会

新聞広告が部門賞に 社会

動物のイラストを評価

10月22日号

西・中区ゆかりの4人も

横浜文化賞

西・中区ゆかりの4人も 文化

文化、芸術、スポーツで

10月15日号

子ども食堂、再開徐々に

子ども食堂、再開徐々に 社会

食品提供の団体も

10月15日号

シェアキッチンが開業

石川町1丁目

シェアキッチンが開業 社会

創業意欲に応える場に

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月16日22:33更新

  • 9月10日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク