中区・西区版 掲載号:2018年7月19日号 エリアトップへ

"本牧人"の思い一つに 8月5日に「お馬流し」

文化

掲載号:2018年7月19日号

  • LINE
  • hatena
災厄を託した「お馬さま」を海上に流す(昨年の様子)
災厄を託した「お馬さま」を海上に流す(昨年の様子)

 神奈川県指定無形民俗文化財に指定されている本牧神社の神事「お馬流し」が8月3日から5日にかけて執り行われる。453回目。カヤで作った「お馬」を海上に流すのは5日。今年も午前10時30分に本牧漁港から2隻の祭礼船が出港する。

 「お馬流し」は、本牧一帯の総鎮守である本牧神社の例祭とともに行われる特殊神事。始まりは江戸幕府開府よりも早く、永禄9(1566)年と伝えられており、450年超の歴史を持ついまも息づく横浜を代表する伝統行事の一つ。現在は8月の第一または第二日曜日に行われている。

 首から上は馬で、胴体は亀の形をした「馬首亀体」をカヤで6体作り、本牧神社に迎え入れ例祭ののちに町内を巡り本牧中のあらゆる災厄を託して海へと放つ。お馬さまにすべての穢れを託すことで、地域の平安を祈るというもの。5年前には木造の祭礼船が修復され復活、本来の姿を取り戻している。

 4年前のお馬流し450回の節目に本牧神社に就いた當麻洋一宮司は「平成の御代の締めくくりとなるお馬流し」と今年の神事を評し「海も空も水平線で一つになるように本牧の人びとの思いが一つになることを願い『水天一碧』を掲げました」と語る。

 また、本牧の丘の上にある横浜市八聖殿郷土資料館の相澤竜次館長は「このお祭りで最も凄いことは、大正から昭和30年代という短い間に、震災・戦災・接収・埋立という類を見ない激動を経験し、激変した本牧の街を、人々が助けあい支えあって守り抜き、この伝統行事を絶やすことなく受け継いできたことです」と説明している。

今秋で遷座25年

 本牧神社は現在の本牧和田に遷座して25年の節目でもある。もとは本牧岬の先端(本牧十二天1番地)にあった。戦後、連合国軍による接収にともない遷座を余儀なくされ、本牧2丁目を経て1993(平成5)年10月23日に現在の地へ。

 正遷座の節目を記念して10月14日に大祭が境内で行われる。當麻宮司は「戦後の歩みを見てきた先輩方から、地域への思いを子どもたちに直接託していく数少ない機会として25年の節目に光をあてたい」と話している。

 当日は老若男女が集うことができる賑わいづくりに氏子町内の4つの囃子連(本郷・八若・和田・横浜本牧)による「まつりばやし大会」も企画されている。
 

祭礼船を迎える氏子
祭礼船を迎える氏子

中区・西区版のトップニュース最新6

元町で生まれて50年

ポンパドウル

元町で生まれて50年 経済

全国77店舗、新ブランドも

12月5日号

街ぐるみで地域食堂

さくらホームレストラン

街ぐるみで地域食堂 社会

食を通じた多世代交流の場に

12月5日号

脱プラへ 木製ストロー

横浜市

脱プラへ 木製ストロー 社会

間伐材使い独自開発

11月28日号

相談窓口をシェアオフィスに

ヨコハマSDGsデザインセンター

相談窓口をシェアオフィスに 経済

ネットワーク拡大に期待

11月28日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月21日号

セグウェイで防犯巡回

パシフィコ横浜

セグウェイで防犯巡回 経済

西区、戸部署と3者協定で

11月21日号

考案メニューがハマ弁に

仲尾台中生徒会

考案メニューがハマ弁に 教育

3カ月連続、市内全校で

11月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月28日0:00更新

  • 9月26日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク