中区・西区版 掲載号:2018年7月26日号 エリアトップへ

朝ごはんで青少年支援 石川町のカフェで取組み

教育

掲載号:2018年7月26日号

  • LINE
  • hatena
「ひらがな食堂」の店頭で杉本店長(左)とサポートスタッフたち。栄養士や飲食のプロ、地域住民のボランティアが携わる
「ひらがな食堂」の店頭で杉本店長(左)とサポートスタッフたち。栄養士や飲食のプロ、地域住民のボランティアが携わる

 中区石川町の絵本カフェ「ひらがな商店街アートスペース『と』」で7月23日、朝食を提供する「ひらがな食堂」がオープンした。

 この食堂は、不登校傾向の学生などが朝ごはんを食べて生活リズムを整える場となる青少年支援を目的に、日本郵便の助成事業として実施しているもの。高校生から20代の若者に、食堂の調理や接客の手伝いをしてもらうことで、自立や就労支援につなげていくねらいもある。店長の杉本豪さん(28)は、DJなどの音楽活動を行う傍ら朝の時間を活用して同食堂で働くことで、副収入を得ることができたという。

 食堂は誰でも利用できて、地元農家の野菜を使った日替わりの副菜2品にごはん、味噌汁などが付いて子ども200円、大人400円で提供。習慣化を促すためスタンプカードを活用する。今後は農場体験や子育て世代対象の料理教室など、食のイベントも開催予定だ。

 実家が八百屋だという杉本さんは「野菜が本当に美味しい。サラリーマンや自分と同年代の若者にもぜひ立ち寄って欲しい」と利用を呼びかける。食堂を運営する(一社)自在代表の今井嘉江さんは「皆で顔をあわせて食事をすると不思議と美味しく感じるもの。朝ごはんを通じて人と食、地域がつながる場所になれば」と話している。平日午前7時から10時。(問)【電話】045・263・6489。
 

中区・西区版のトップニュース最新6

新しい土産が誕生

三溪園

新しい土産が誕生 文化

横浜の「和」の魅力を発信

12月12日号

市長「丁寧に説明」繰り返す

IR説明会

市長「丁寧に説明」繰り返す 政治

候補地 中区で市内初開催

12月12日号

元町で生まれて50年

ポンパドウル

元町で生まれて50年 経済

全国77店舗、新ブランドも

12月5日号

街ぐるみで地域食堂

さくらホームレストラン

街ぐるみで地域食堂 社会

食を通じた多世代交流の場に

12月5日号

脱プラへ 木製ストロー

横浜市

脱プラへ 木製ストロー 社会

間伐材使い独自開発

11月28日号

相談窓口をシェアオフィスに

ヨコハマSDGsデザインセンター

相談窓口をシェアオフィスに 経済

ネットワーク拡大に期待

11月28日号

セグウェイで防犯巡回

パシフィコ横浜

セグウェイで防犯巡回 経済

西区、戸部署と3者協定で

11月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

  • 9月26日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク