中区・西区版 掲載号:2018年12月20日号 エリアトップへ

西区 お店向けに認知症ガイド 来店時の対応を説明

社会

掲載号:2018年12月20日号

  • LINE
  • hatena
ガイド監修に携わった諸星クリニックの渡部廣行院長(中央)と西区高齢・障害支援課の職員
ガイド監修に携わった諸星クリニックの渡部廣行院長(中央)と西区高齢・障害支援課の職員

 西区高齢・障害支援課では、コンビニや商店街の小売店などで働く従業員に向けて、認知症の人が来店した際の対応のポイントなどをまとめたガイドブックを作成。12月から区内の店舗に配布している。

 ガイドブックはA3判の三つ折り。500部作成。西区役所のホームページからもダウンロードすることができる。

 同課では認知症の不安がある人や介護者のためのガイドブックを2016年に作成している。今回は「お店版」と題して発行。認知症専門外来を設ける諸星クリニック(渡部廣行院長)や、認知症介護経験者のグループ「あけぼの会」やグループホームなど、区内で認知症患者にかかわる人たちが製作に携わった。

 ガイドブックでは「レジでの支払いが上手くいかない」「同じものを何度も購入する」など4つのケースに分けて対応法を明示。「大きめの声でゆっくりと」「忘れたことを指摘しない」など具体的なアドバイスがイラストとともに描かれている。

 また、地域ケアプラザや同課など、地域の高齢者の相談支援を行っている窓口の連絡先も掲載している。

 同課によれば、西区内で何かしら認知症の疑いがある高齢者はおよそ2000人と推定される。区民の約2%の計算だ。

 同課の山田実課長は「コンビニなどでは若い店員も多く、高齢者への対応が分からないということも多い」と話す。同課は認知症サポーター養成講座なども定期的に実施しているが、コンビニの店員などは日中の講座参加が難しいため、それに代わるものとしてガイドブックの発行に至った。

地域でかかわり見守るのが大事

 県内科医学会の認知症対策委員会委員長の経験もあり、作成に携わった諸星クリニックの渡部院長は「家族が昼間外出している場合、認知症の症状に気づかない場合もある。地域の結びつきが弱まっている中、皆でかかわって地域で見守っていくことが大事」と訴えた。

中区・西区版のトップニュース最新6

夢見た世界の頂点に

夢見た世界の頂点に スポーツ

本牧拠点のチアチーム

5月16日号

負担軽減にNPO設立

虐待被害児

負担軽減にNPO設立 社会

対応の一元化めざす

5月16日号

令和は「企業、市民が主体に」

令和は「企業、市民が主体に」 経済

みなとみらいの“見届け人”に聞く

5月1日号

初の世界大会へ

本牧拠点のチアチーム

初の世界大会へ スポーツ

小4〜高2の17人で挑戦

5月1日号

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ 社会

全区でネットワーク構築

4月25日号

初の世界大会へ

本牧拠点のチアチーム

初の世界大会へ スポーツ

小4〜高2の17人で挑戦

4月25日号

全館使用の初企画展

横浜美術館30周年

全館使用の初企画展 文化

記念イヤーのスタート飾る

4月18日号

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

関内の路上で楽しもう

5月26日

関内の路上で楽しもう

フード&ハイカラフェスタ

5月26日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク