中区・西区版 掲載号:2019年1月24日号
  • LINE
  • hatena

本牧 気まぐれ歴史散歩 20 南北に長かった根岸村

久良岐の会が編集・解説した新井家文書
久良岐の会が編集・解説した新井家文書
 根岸という地名は全国にあり、細長い尾根が木の根のように長く続く岸辺という地形が語源とされています。中区も、根岸町から不動坂を登り根岸森林公園までが同じ地形であり、そのあたりを根岸と呼ぶ方が多いようですが、そこから北東へ続く山元町から麦田町あたりまでかつて「根岸村」と呼ばれていたことは、意外と知られていないようです。

 永正9年(1512年)に、伊勢宗瑞(いわゆる北条早雲のこと)親子から当時の本牧地域を治めていた平子(たいらこ)氏あてに出された制札という古文書に「本目四ヶ村」と記されており、漢字が異なるものの、これが初めて本牧の地名が登場したものとされています。その四ヶ村のうちの一つが、根岸村であったとされています。

 村境は多少の変化があったと思いますが、根岸村はその後も明治34年(1901年)に横浜市へ編入されるまで約400年間続いた、南北に長い村でした。

 近世・近代の根岸村の様子は、根岸村の名主をつとめていた新井家の文書からうかがうことができます。このコラムでも新井家文書をご紹介していく予定ですが、古文書はちょっと…という方でも、その一部を久良岐の会が編集し、わかりやすい解説を付した新井家文書を図書館で気軽にご覧いただくことができます。

 次回からは、その根岸村を山元町から麦田町方面へ、さらには北方方面へとゆっくり歩いていきたいと思います。

(文・横浜市八聖殿館長 相澤竜次)

中区・西区版のコラム最新6件

華僑の人々が眠る外国人墓地 中華義荘

本牧 気まぐれ歴史散歩 19

華僑の人々が眠る外国人墓地 中華義荘

12月13日号

根岸競馬場はゴルフ場・収容所・印刷所・いも畑にもなった

本牧 気まぐれ歴史散歩 17

根岸競馬場はゴルフ場・収容所・印刷所・いも畑にもなった

11月8日号

根岸の競馬場 スポーツを楽しむ習慣の始まり

本牧 気まぐれ歴史散歩 17

根岸の競馬場 スポーツを楽しむ習慣の始まり

10月18日号

二体のお不動様と榊神輿

本牧 気まぐれ歴史散歩 15

二体のお不動様と榊神輿

9月6日号

本牧 気まぐれ歴史散歩 15本牧と甘藍(キャベツ)

幕末・明治初期の写真がいろいろ残されている街 本牧

本牧 気まぐれ歴史散歩 14

幕末・明治初期の写真がいろいろ残されている街 本牧

8月2日号

(公社)神奈川県薬剤師会

2/15(金)「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/002-activity/21511/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

丸山ゴンザレス氏が講演

横浜JC

丸山ゴンザレス氏が講演

3月8日、午後7時から

3月8日~3月8日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク