中区・西区版 掲載号:2019年12月5日号 エリアトップへ

さくらホームレストラン 街ぐるみで地域食堂 食を通じた多世代交流の場に

社会

掲載号:2019年12月5日号

  • LINE
  • hatena

 関内さくら通りの「泰生(たいせい)ポーチ」=中区相生町=で開催している「地域食堂」が賑わいを見せている。6月からの試験的な開催を経て、来年2月からの本格実施が決まった。

 低価格で温かい食事が提供される「地域食堂」。不老町などの子ども食堂を手伝うメンバーらが「人通りの多い関内の中心地でもできないか」と検討を重ね、6月にプレオープン。エリアの特性を考えて誰もが利用できる地域食堂にした。隔月1回のペースで周辺町内会やまちづくり振興会、飲食店からの食材提供など協力を得ながら有志で運営する。

 基本メニューはカレーとサラダで大人300円、子ども100円。ほぼ告知をしなかったが、口コミで回を重ねるたびに利用者が増加。3回目の開催となった11月20日に提供されたキーマカレーも大好評で、約2時間の営業時間であっという間に80食が完売した。

 地域食堂の名前は「さくらホームレストラン」。同通りで50年間親しまれ、2年前に閉店した「山田ホームレストラン」の山口美奈子さん(74)が、ボランティアの中心人物の一人であることから名付けられた。「私自身も活動が楽しみ。元気をもらっている」と山口さん。町内会の役員を務める湯川勝明さんも「地域の老若男女が同じ場所でご飯を食べることで顔見知りになれたら」と期待する。

 実際に地域住民のほか保育園帰りの親子、サラリーマン、飲み会前の腹ごしらえに訪れる若者まで利用者は幅広い。店内ではご近所さんや知らない人同士が食卓を囲み、自然と会話が生まれる空間になっていた。運営グループの代表を務める後藤清子さん=人物風土記で紹介=は「『孤食』の問題は子どもに限ったことではない。若者や高齢者など誰もが安心して食事ができる場所を提供したかった」と話し、飲食店が多い関内ならではの「食を通じた多世代交流」の取り組みに手ごたえを感じている。

 利用者が増えたことと、多世代交流拠点として地域のニーズを聞き出す機会を増やすため、来年2月から月1回、第3水曜日の定期開催が決定。今後は出張食堂など新たな取り組みも予定しているという。

 さくらホームレストランでは米や野菜など食材の提供を受付中。(問)ピクニックルーム【電話】045・264・8584
 

豪華景品集めました!

12/8~22 藤棚地区連合商店街で買い物しよう!2019感謝セール

https://cms.townnews.co.jp/cgi-bin/product/mt.fcgi

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

初の「神奈川ワイン」誕生

横濱ワイナリー

初の「神奈川ワイン」誕生 社会

県内産ブドウを県内醸造

1月23日号

旧暦正月祝う春節

横浜中華街

旧暦正月祝う春節 文化

最終日は「スカイランタン」も

1月23日号

藤棚一番街が準大賞

かながわ商店街大賞

藤棚一番街が準大賞 経済

若手店主らの取り組み評価

1月16日号

羽沢西部に新交流拠点

羽沢西部に新交流拠点 社会

地域と外部をつなぐ

1月16日号

五輪に「おもてなし」発揮を

中区長インタビュー

五輪に「おもてなし」発揮を 政治

多文化共生のニーズ調査も

1月9日号

西区全体へ「にぎわい」を

西区長インタビュー

西区全体へ「にぎわい」を 政治

関係機関との連携強化へ

1月9日号

狛「ねずみ」にチュー目集まる

狛「ねずみ」にチュー目集まる 文化

西区の戸部杉山神社

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

10年目のサッカー映画祭

10年目のサッカー映画祭

今週末、開港記念会館で

1月25日~1月26日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク