中区・西区版 掲載号:2019年12月19日号 エリアトップへ

「稼げる」情報に落とし穴 5年で相談件数約10倍

社会

掲載号:2019年12月19日号

  • LINE
  • hatena

 「稼げるノウハウ」を掲げた情報商材に関するトラブルが近年、急増していることが分かった。横浜市消費生活総合センターが11月26日に発表した最新の動向によると、過去5年で相談件数は約10倍に。特に20歳代の被害の増加が顕著だった。

 「SNSで稼ぐノウハウ」「FXなどの投資ツール」「仮想通貨で稼ぐ方法」…ノウハウなどの情報そのものを商品とした情報商材。「すぐ元が取れる」と言われ、高額な金額を支払い情報を購入したものの、実際には思うように稼げずトラブルになるケースが後を絶たない。

 市消費生活総合センターに寄せられたこうした相談件数は、2014年は25件だったが、16年に107件と急増。18年には238件でさらに倍となり、過去5年で約10倍に。契約者の年代・性別に見ると、20歳代男性が最も多く、次いで50歳代の女性となっている。

 全世代にわたり、インターネットを通じて契約するケースが圧倒的に多いが、20歳代では友人から勧誘される「電話勧誘販売」「訪問販売」「マルチ」なども同様に多い傾向が。「人を紹介すれば報酬がもらえる」などと言われ、被害のすそ野が拡大しているという。同センターは「友人を介しているため周囲に相談しにくく、潜在的なトラブルも相当数あるのでは」と危惧する。

成年後の被害顕著

 特に被害増加が顕著なのが、成年となった直後の20歳と21歳だ。同センターは「契約の取り消しが無条件にできなくなる成年直後が狙われているのでは」と推察する。さらに、他の年代に比べ、20歳代が高額な金額を契約させられている実態も浮き彫りに。「学費といえば収入がなくても借りられる」と学生ローンを組まされ、高額契約するケースが散見される。

 同センターは「楽してだれでも簡単に稼げる手段はないことを忘れないで」と警鐘を鳴らす。こうしたトラブルの状況や事例、解決のための基本フローをホームページに掲載するなどし、注意を呼びかけている。

直葬でも心ゆくまでのお別れを

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

「街の先生」が一冊に

「街の先生」が一冊に 社会

中区、講師ガイドを改定

4月9日号

市、全18区で運用開始へ

母子保健コーディネーター

市、全18区で運用開始へ 社会

産前産後の支援充実

4月9日号

「市民の安全・安心支える」

「市民の安全・安心支える」 政治

林市長、新年度の思い語る

4月2日号

総務大臣から感謝状

山手消防団

総務大臣から感謝状 社会

地域防災に貢献

4月2日号

桜の小旗で門出祝う

西区浅間町

桜の小旗で門出祝う 教育

卒業式、地元有志ら出迎え

3月26日号

流鏑馬にネット募金

伊勢山皇大神宮

流鏑馬にネット募金 文化

創建150年記念、5月実施へ

3月26日号

直葬でも心ゆくまでのお別れを

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

本まぐろ直売所 秋の謝恩大特売

12月20日~31日まで毎日営業! 28日~31日は午前8時開店!!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク