中区・西区版 掲載号:2020年5月14日号 エリアトップへ

伊勢佐木町「クロスストリート」 文化発信して10周年 商店街の絆強化にも

社会

掲載号:2020年5月14日号

  • LINE
  • hatena
10周年を迎えるCS。中央は商店街の牛山理事長
10周年を迎えるCS。中央は商店街の牛山理事長

 音楽ライブや寄席など文化の発信拠点として親しまれている伊勢佐木町4丁目の「クロスストリート(以下、CS)」が、5月16日に創立10周年を迎える。商店街が管理する「箱もの」としては10年間活用されているのは珍しいという。横浜生まれのアーティスト・ゆずが命名したことでも知られる。

 CSは、伊勢佐木町商店街が管理運営する多目的イベントスペース。敷地面積は95平方メートルで立ち見であれば100人を収容できる規模だ。三方がガラス張りで屋根が反り上がった個性的なデザイン。音響機材なども整備され、貸館として音楽イベントや歌の会などが定期的に開かれている。3月末からは新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、すべてのイベントが中止となっている。

「ゆず」が命名

 CSは、かつてイセザキ・モールの路上でライブを行っていたフォークデュオ「ゆず」が命名したことで知られる。施設内には北川悠仁さんと岩沢厚治さんのサインがあり、「ザキは僕らの原点」と記されている。運営委員会の大野勝敏委員長は「オープン当初は多くのゆずファンが『聖地巡礼』に訪れていました」と振り返る。

 また、ミュージシャンのミッキー吉野さんやエディ藩さん、落語家の桂歌丸さんなど横浜にゆかりの深いアーティストが多数出演。定期的な音楽イベントは、若手ミュージシャンの演奏の場にもなっている。

 5月16日にはミッキー吉野さんが出演する10周年ライブを予定していたが、新型コロナの影響で延期に。施設管理者の植田淳さんは「今年中に開催できれば」と話す。

 商店街の牛山裕子理事長はCSの功績について、様々な意見があるとしつつも商店街の絆が強くなったこと、来街者の属性の幅が広がったこと、商店街情報発信の機会が増えたことを挙げる。今後については「『楽しいまちづくり拠点』として次世代につないでいきたい」と期待感を示した。
 

西区北幸1-1-8エキニア7F

横浜駅西口すぐの補聴器専門店。認定補聴器技能者と言語聴覚士が在籍で安心です。

https://panasonic.jp/hochouki/shop/plaza/yokohama.html

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6

供え物を「おすそわけ」

西区円満寺

供え物を「おすそわけ」 社会

貧困の子どもに食支援

3月4日号

1棚1オーナーの本屋を

北仲通のシェアオフィス

1棚1オーナーの本屋を 経済

出会い通しアイデア創出

3月4日号

地元産タチウオを給食に

間門小

地元産タチウオを給食に 教育

本牧の漁師が協力

2月25日号

リボン運動で人権啓発

本牧南小

リボン運動で人権啓発 教育

家庭・地域と結び深める

2月25日号

ソニーの教育論文で全国優秀賞

【Web限定記事】立野小学校

ソニーの教育論文で全国優秀賞 教育

主体性ある学びが評価

2月18日号

脱炭素化に向けた国際動画コンペで決戦投票へ

【Web限定記事】中区大和町放課後デイの学生チーム

脱炭素化に向けた国際動画コンペで決戦投票へ 社会

文字使わずイラストのみで啓発に挑戦

2月18日号

横濱ハイカラきもの館

卒業式袴レンタル→全部コミコミ11,990円!小物や靴、着付けも無料♪

https://www.shinnichiya.com/kimonokan

3月8日~15日シルクフェア

横浜スカーフなどの魅力を体験できるイベント多数。シルクセンターで入場無料。

http://www.yokohamascarf.com/

東京建物不動産販売横浜支店

一般住宅から事業用まで査定無料!すぐに現金化できる「直接買取」も好評です

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月25日0:00更新

  • 2月16日15:24更新

  • 2月11日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

【Web限定記事】

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

横浜市社協などが生活支援

3月7日~3月7日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク