中区・西区版 掲載号:2020年7月30日号 エリアトップへ

本牧 気まぐれ歴史散歩 35 祝100周年!大鳥小学校と山元小学校さまざまな苦難も乗り越え

掲載号:2020年7月30日号

  • LINE
  • hatena
復興した大鳥小学校1F平面図(『横浜震災復興小学校の記録』から)
復興した大鳥小学校1F平面図(『横浜震災復興小学校の記録』から)

 大正10(1921)年、開校の大鳥小学校・山元小学校は、今年で100年目を迎えます。大正デモクラシーの中、子どもの教育向上が見直され、大正初期には当時の横浜市域の小学校は31校となり、就学率も100%近くに向上しました。しかし、1クラスの生徒数は60人を超えたため授業は午前・午後の2部体制に。そうした中、大正10年に5校の小学校が市内に新設されました。その内の2校が大鳥小・山元小です。

 そのわずか2年後に発生した関東大震災で、横浜市内の全部の小学校は被災しました。しかし、その震災の混乱期の中、9月14日に横浜市議会が起草した政府への復興意見書には「学校の早期復旧」も記され、子どもの居場所・教育の継続が求められました。横浜市では教育現場の立て直しが8つの震災復興最優先課題の1つとなったのです。

 そうして「復興小学校」と呼ばれた横浜での学校の再整備は大正末期から始まり、鉄筋コンクリート造・特別教室・体育館・スロープなどの設備もこのときから整備されました。また、同時に地域で学校を支える取り組みも盛んになっていきました。その後、学校は戦災にも見舞われましたが、横浜市や地域が学校の復興に尽力し運営を支えました。この100年は行政・地域が一体となって教育を支えた100年でもあると感じます。次回は、大鳥小学校から山頂公園へと登っていきたいと思います。

(文・横浜市八聖殿館長 相澤竜次)
 

中区・西区版のコラム最新6

『リング』貞子と本牧

本牧 気まぐれ歴史散歩 38

『リング』貞子と本牧

10月22日号

市、追加調査で準備進める

〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

市、追加調査で準備進める 社会

10月22日号

「横浜港の活性化に一役」

トップインタビュー

「横浜港の活性化に一役」

株式会社ポートサービス 井上 茂常務取締役 

10月1日号

「エネルギーの安定供給に使命感」

トップインタビュー

「エネルギーの安定供給に使命感」

東京ガス株式会社 神奈川支社 小和田 祐子支社長 

9月17日号

大谷嘉兵衛 日本茶輸出を支え茶聖と呼ばれた人

本牧 気まぐれ歴史散歩 37

大谷嘉兵衛 日本茶輸出を支え茶聖と呼ばれた人

9月10日号

誘致計画、不透明さ増す

〈連載【13】〉市、実施方針公表を再延期 IRと横浜

誘致計画、不透明さ増す 社会

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 9月16日22:33更新

  • 9月10日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク