中区・西区版 掲載号:2021年1月21日号 エリアトップへ

寿地区 宿館屋上でグランピング 新たな魅力創出に

経済

掲載号:2021年1月21日号

  • LINE
  • hatena
3月開業に向け整備が進むグランピング施設。左は岡部代表
3月開業に向け整備が進むグランピング施設。左は岡部代表

 寿地区のバックパッカー向けホステル「ヨコハマホステルヴィレッジ(YHV)」=中区松影町3=の屋上が、グランピング空間に生まれ変わりつつある。近場の人たちにも集える魅力的な施設にしようと、3月開業に向け整備が進められている。

 新型コロナの影響で宿泊者は激減、繁忙期である3月から6月までの売上は、前年比で9割減という状況だった。

 そこで、同施設を運営するコトラボ合同会社(岡部友彦代表)=同所=は、これまでターゲットとしてきた外国人や遠方からの旅行者だけでなく、近隣に住む人たちにとっても魅力ある施設にしようとグランピング空間を発案。昨年の9月に、整備費用調達にインターネットを活用して寄付を募るクラウドファンディングを実施した。すると、全国各地にいるYHVファンたちの賛同を得て、募集開始から10日間で目標額180万円に達し、最終的には200万円ほどが集まった。

大型テントが2つ

 屋上には大型のテントを2つ設置し、1日2組限定で貸し出す計画だ。

 階下のホステルの宿泊とセット利用となっており、1組4人までを想定する。利用料金は宿泊代を含めて2万円の予定。時間はチェックインを想定して、午後3時以降の利用とする。また、昼時の利用ニーズに対応するため、宿泊を伴わないプランも検討中だという。

変わりつつある街の色合い

 日雇い労働者の街として簡易宿泊所が建ち並んだ寿地区だが、いまは高齢化が進み福祉の街としての性格が色濃い。

 岡部さんは、その街に外からの人の流れをつくり街のイメージを変えていこうと、バックパッカー向けの宿泊施設としてYHVを2005年に立ち上げた。今では、利用者の6割は外国人旅行者だという。

 そこにコロナが直撃。外国から国内にターゲットを転換し、近場の人たちが非日常を味わえる施設を整備することで、寿地区の新たな魅力づくりにチャレンジする。

 岡部さんは「デザイナーズマンションが計画されるなど、寿地区はこれまでと街のフェーズが変わってきている」と話す。グランピング施設については「近場の方にも遊びに来ていただけるような場所にしていけたら」と期待していた。

中区・西区版のトップニュース最新6

「外で働く」を体験

「外で働く」を体験 経済

産官学、MMで試行

4月15日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 社会

働き方改革の一環で

4月15日号

横浜駅西口に交付拠点

マイナンバーカード

横浜駅西口に交付拠点 社会

申請急増見据え窓口変更

4月8日号

市庁舎へ言葉の道案内

市庁舎へ言葉の道案内 社会

視覚障害支援団体が作成

4月8日号

大岡川にシドモア桜

大岡川にシドモア桜 社会

3年後の開花期待し植樹

4月1日号

太陽光発電設置へ

市内小中65校

太陽光発電設置へ 社会

非常用に蓄電池配備

4月1日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.fukushima-naoko.info/

西区北幸1-1-8エキニア7F

横浜駅西口すぐの補聴器専門店。認定補聴器技能者と言語聴覚士が在籍で安心です。

https://panasonic.jp/hochouki/shop/plaza/yokohama.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月25日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月16日15:24更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter