中区・西区版 掲載号:2021年5月20日号 エリアトップへ

神奈川大学 MM初のホップ栽培 屋上緑化や交流目的に

教育

掲載号:2021年5月20日号

  • LINE
  • hatena
苗植えに参加した大学職員
苗植えに参加した大学職員

 4月に開校した神奈川大学みなとみらい(MM)キャンパスで、ビールの原料となるホップの栽培プロジェクトがスタートした。同大学のSDGsの取組として、MM地区の屋上緑化や地域交流につなげていく考えだ。

 ホップ栽培はMM地区の環境への取組の一つとして、(一社)横浜みなとみらい21から紹介を受けたことがきっかけ。

 同プロジェクト開始に伴い5月14日、職員ら関係者がホップ苗の植え付け作業を行った。教務や社会連携センターなど同キャンパス内の部署ごとに1つのプランターを担当し、6階テラス階段の両脇に5鉢ずつ配置。今後は雑草取りなど栽培管理を行いながら、(株)Root=南足柄市=が提供するホップ栽培のコミュニティアプリ「THANKS HOP&BEER」と連携し、ホップの生育状況を発信していく。

ビール醸造も

 MM地区でホップ栽培が行われるのは初めてだ。しかしホップは本来日射量が多く冷涼な気候が適しているといわれており、日本では東北地方で多く栽培されている。そのため、初年度はトライヤル期間と位置づけ、栽培場所や収穫量などを検証。次年度以降は学内外に広く周知し、栽培体験サービスなどの収益事業や大学オリジナルビールの販売などの展開を考えているという。

 今回はプランター10鉢で5kgのホップを収穫する予定。200リットル(330ミリリットル入り瓶ビール約600本分)のビール醸造を見込んでいる。今後は生育状況を見ながら8月に収穫。大阪の中津ブルワリーで醸造し、11月頃大学オリジナルビールの完成を目指す。

 プロジェクトを推進した同大学事務局次長の福元摩湖さんは「新しいキャンパスならではの新しい取組。今はコロナ禍で難しいが市民がキャンパスに訪れる機会や、都市部での農業体験の創出、職員間の交流機会にもなる。大学内でラベルデザインを募集するなど、学生の参加も促せたら」と話している。

テラスの階段脇でホップを栽培
テラスの階段脇でホップを栽培

中区・西区版のトップニュース最新6

東久保町の団体 大臣表彰

東久保町の団体 大臣表彰 社会

防災のまちづくりに功績

6月10日号

市の花バラをキャンドルに

市の花バラをキャンドルに 経済

区、本牧の福祉施設と連携

6月10日号

食料支援の場を提供

ホテルエディット 横濱

食料支援の場を提供 コミュニティ社会

「フードバンク」に協力

6月3日号

本牧影絵座が劇披露へ

本牧影絵座が劇披露へ 社会

開港記念会館の特別企画で

6月3日号

クックパッド本社 MM(みなとみらい)へ

食の「つくり手」集まる場に

クックパッド本社 MM(みなとみらい)へ 経済

5月27日号

特例貸付 5.8万件に

特例貸付 5.8万件に 社会

コロナ禍 市内の申請増加

5月27日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:12更新

  • 4月22日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter