神奈川区版 掲載号:2012年7月19日号
  • googleplus
  • LINE

開院10周年を迎えた「神奈川歯科大学附属横浜クリニック」の院長を務める 井野 智さん 横須賀市在住 47歳

「不羈(ふき)独立」の精神で

 ○…2002年7月に鶴屋町に開院、7月で10周年の節目を迎えた。同クリニックの院長に学内公募で立候補し、4月から4代目の院長として赴任、消化器内科を新設させた。「次は睡眠呼吸外来を設けて、歯科のマウスピースを治療に活用できれば」と、歯科大学の強みを医科に活かす「医科と歯科の連携」を視野に入れて、クリニックをマネジメントの視点から支えている。

 ○…東京都三鷹市出身。姉と兄を持つ3人兄弟の末っ子。中学・高校と剣道部の副キャプテンを務めるスポーツマン。高校は埼玉県の全寮制を選んだ。「次男だから家を出て行くのだと小さい頃から言われていた。自分の力で自立するという意味の『不羈独立』って言葉が自分に合っています」。歯医者の道に進んだきっかけは「姉が神奈川歯科大学に通っていたので、自然と追うように入学した」。学生時代はカッターボート部に所属。ここでも副キャプテンを務めた。

 ○…同大学院を卒業後、大学職員に。1年間ドイツに歯科留学したこともある。勤務する中で「大学の現状をさらにより良くしていかなければいけない」と感じ、クリニックの院長公募に立候補した。「普段苦労することは患者とのコミュニケーション。スキルが上がっても、患者は十人十色。いつもうまくいくとは限らないが、それが面白いところでもある」

 ○…休みの日は、早起きをして自宅近くの海岸沿いを散歩する。「14時くらいにはお風呂に入って夕食を食べたら、サザエさんが始まる前には寝ます」という健康ぶり。それでも元キャビンアテンダントの妻と2人でお酒を飲むのも好きで、ドイツ留学で得たビールの知識も豊富だ。「『不羈独立』の精神でしっかり自立し、さらには地元の人たちとコミュニケーションをとって必要とされるクリニックにしてきたい」と、自らの精神と母校への大学愛を力に変えていく。
 

神奈川区版の人物風土記最新6件

佐伯 美華さん

学校・地域コーディネーターとしてキャリア教育の充実を図る

佐伯 美華さん

2月15日号

江端 広樹さん

済生会東神奈川リハビリテーション病院の院長に就任した

江端 広樹さん

2月8日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月1日号

河崎 力さん

成人式応援プロジェクトを指揮する

河崎 力さん

1月25日号

岩井 璃那(りな)さん

神奈川区が主催する写真コンテストの小中学生部門で最優秀賞に輝いた

岩井 璃那(りな)さん

1月18日号

貝川 弘行さん

青少年のバンドとダンスの祭典「B-SKY FES」の実行委員長として尽力する

貝川 弘行さん

1月11日号

フォンテーヌ クチュール

2/16~18 横浜そごう9階でウィッグ体験フェア。ご試着もいただけます

https://www.fontaine-wig.jp/fnavi/shop/introduction/175001

<PR>

神奈川区版の関連リンク

あっとほーむデスク

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

打楽器フェス

打楽器フェス

3月10日、11日かなっくホールで

3月10日~3月11日

神奈川区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク