神奈川区版 掲載号:2014年6月5日号 エリアトップへ

バランス朝ごはんレシピコンクールで最優秀賞に輝いた 今西 春子さん 西大口在住 37歳

掲載号:2014年6月5日号

  • LINE
  • hatena

食事面で成長サポート

 ○…6月は食育月間―。神奈川区は5月から6月にかけて、「朝ごはんレシピ集」を区内の保育園や幼稚園、小中学校の児童生徒らに配布している。冊子に掲載されているレシピは、166件の応募から選ばれた22作品。小2の息子と年中の娘と一緒に考えた『お麩朝から食べませんか?』が「バランス朝ごはんレシピ」部門の最優秀賞に輝いた。「前日に仕込んでおけるものをコンセプトに考案した」と、朝の忙しいママならではのアイディアが受賞につながった。「親子で楽しんで作れるレシピです。栄養もしっかり美味しく食べられますよ」

 ○…栄区出身。7人兄姉の末っ子として可愛がられて育った。小学校ではミニバス、中学校ではバドミントン部に所属、高校時代には、軟式テニスで県ベスト16にもなったスポーツウーマンだ。「真っ黒に日焼けしながらボールを追いかけていた」と当時を振り返る。短大ではCADを学んだが、「選択科目の陶芸の方が楽しかった」と笑う。

 ○…卒業後は一般事務職として働きながら、フラワーアレンジメント教室に通った。「すっかり物づくりにはまってしまった」と、5年後に退職。週末はウェディング用の花を扱う店で働き、平日はグループホームの調理補助として腕をふるった。「妊娠を機にやめてしまったが、料理の基本はこの時に学んだ」。今も「鶏ハム」を作り置きしたり、炊飯器に米と一緒に卵やジャガイモを入れたりする「時短レシピ」を積極的に取り入れている。

 ○…子育てに忙しく、趣味は「子どもの成長を見守ること」ときっぱり。食育に関しては、特に意識をしていない。無農薬食材にこだわるよりも、バランスを重視。幼い頃に食べた野菜中心の食事が原点だという。最近、体を冷やさない食材に興味を持ち始めた。「もう少し栄養について学んで、子どもの成長を食事面からサポートしていきたい」と抱負を語った。

神奈川区版の人物風土記最新6

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

反町在住 37歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月9日号

下平 隆宏さん

サッカー・J1リーグへ13年ぶりに昇格した横浜FCの監督を務める

下平 隆宏さん

南区在住 48歳

1月1日号

鈴木 史絵さん

癒しイベントを主催するワンネスハート&ハート実行委員会の代表を務める

鈴木 史絵さん

高島台在住 52歳

12月19日号

浜田 太郎さん

創業時の人気メニューを復活させた島田橋やぶの店主

浜田 太郎さん

松本町在住 46歳

12月5日号

田村 和也さん

キャンドルナイト実行委員長を務める神奈川大学3年生の

田村 和也さん

六角橋在学 21歳

11月28日号

森 敬斗さん

ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから1位で指名された

森 敬斗さん

青葉区在住 17歳

11月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月9日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月19日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク