神奈川区版 掲載号:2016年3月24日号 エリアトップへ

公募展で75作品の中から最優秀に値する「ギャラリー賞」に選ばれた 青柳 春香さん 入江在住 29歳

掲載号:2016年3月24日号

  • LINE
  • hatena

進む道描いて拓く

 ○…東京・早稲田にあるドラードギャラリーが主催した公募展「第7回小さな絵の大博覧会」で、75作品の中から栄えあるドラードギャラリー賞に選ばれた。動物の写真集で羽根を広げ羽ばたく小鳥の姿が目に留まり、風がなびいている情景を想像し描いた作品。「(入賞して)本当にびっくり。最初はうれしかったけど、今は個展に向けて”作品を作らなきゃ”という焦りもある」とはにかむ。

 ○…「落書き帳とクレヨンを渡されるとおとなしくしていたらしい」と、物心つく前から絵を描くことが生活の一部だった。西寺尾小、錦台中、城郷高と美術部には入らなかったものの、帰宅すればペンを持つのが当たり前。横浜美術短大(当時)へ進学すると、自分の作品を評価してくれる人ができたことが嬉しく、山積みの課題も苦じゃなかった。

 ○…描くことに背を向けた時期もあった。映像を学ぼうと専攻科へ進むもうまくいかず、プライベートでも悩む日々が続いた。しかし、そんな姿を見かねた母が「イラストコンペに応募してみたら」と一言。25歳のときに試しに応募した作品が入選し、「自然とまた描きたくなった」。細かな無数の模様で描く独自の技法は、「薬品メーカーが持ってきたペンがものすごく書きやすくて、無意識のうちに描いていた」と薬局での仕事中に生み出した。塗り重ねられる絵の具と違って修正がきかないため、一から描き直すこともあるという。

 ○…実家で両親・弟と4人暮らし。インドアな性格のため頻繁には出かけないが、幼稚園の頃からピアノを習っている松見町の教室に現在も通い、一年半ごとに発表会にも参加している。「クラシック音楽は物語があるので、自分が描きたいと思っていたイメージと楽曲の雰囲気が合致することがある」と、作品づくりにも刺激を与えている。昨年8月には六角橋商店街で初めて個展を開いた。「”私はこのまま一生描き続けるな”と思った」

神奈川区版の人物風土記最新6

川越 理絵さん

菅田小学校のPTA会長で、50周年実行委員長を務める

川越 理絵さん

菅田町在住 40歳

12月3日号

多賀谷 彰さん

コロナ禍の経営難を乗り越えようと、学童とタッグを組んだ勢 鴨居店の店長

多賀谷 彰さん

市内在勤 51歳

11月26日号

桜井 大地さん

神奈川大学学生ボランティア活動支援室の代表で、まち×学生プロジェクトでも活躍する

桜井 大地さん

六角橋在住 21歳

11月19日号

島崎 和久さん

羽沢小学校PTA会長で、50周年実行委員長を務める

島崎 和久さん

羽沢町在住 49歳

11月12日号

金田 喜稔さん

元サッカー日本代表で、FC T.BRUEのスーパーバイザーを務める

金田 喜稔さん

青葉区在住 62歳

11月5日号

白石 洋子さん

記念事業実行委員長として、西寺尾小学校の創立70周年記念式典の企画運営を務める

白石 洋子さん

神之木台在住 50歳

10月29日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク