神奈川区版 掲載号:2017年8月31日号 エリアトップへ

横浜市中央卸売市場に勤めながら、魚食の普及活動を推進する 村松 享さん 栄町出身 59歳

掲載号:2017年8月31日号

  • LINE
  • hatena

プロ視点で魚食普及

 ○…横浜市中央卸売市場で仲卸会社の代表を務める傍ら、家庭に魚食を普及させる活動を続ける。「新鮮な魚だけが美味しいわけじゃない。魚を美味しく食べる方法はいくらでもある」と40年以上魚を目利きしてきた経験から、各地の講演で魚の「美味しい食べ方」を紹介している。「日本人の魚食離れが残念に思う。魚扱うプロとして、昔から魚を食べてきた日本の文化を守っていきたい」

 〇…栄町に生まれる。父親が市場の仲卸会社に勤めていた関係で小さい頃から市場に出入りしていた。仲卸の仕事に興味を持ったのは、寿司屋などの取引先に魚を運んだ11歳の時だ。「季節によって種類の違う魚を見て旬があることを知った。もっと調べてみたくなった」と当時を振り返る。17歳の頃には、うなぎを捌く一人前の市場の「人」になっていた。そのまま市場に携わる仲卸会社に就職し、勤め先の関係で横浜市南部市場に拠点を移した。

 〇…「仲卸の仕事は魚の目利きのプロになる必要がある」。セリで一流の魚を見定めるために日々、腕を磨いた。30歳で独立し、市場の活性化にも尽力した。「『市場って何をしているところ』と聞かれたことがショックだった」と市場の状況に危機感を持ち始めると市場を市民に開放する取組に注力。3年前に中央卸売市場に戻ってからも市内の小学校への出前授業や出張講座を通して市場のPR、魚食の普及活動を進めている。

 〇…4歳の孫が待つ家はいつもにぎやかだ。「孫の成長に寄り添う中で、子育てをする親に食を通して伝えられることはたくさんある」と、魚食の普及を進めるのは孫の存在も大きい。中央卸売市場では新参者でありながら「食材が一同に集まる市場に活気がないのは寂しくてたまらない」と熱い思いを持って活性化に取組む。「市場が元気になれば、食も元気になる。資源を活用して活気立てていきたい」と市場を牽引していく。

神奈川区版の人物風土記最新6

浜田 太郎さん

創業時の人気メニューを復活させた島田橋やぶの店主

浜田 太郎さん

松本町在住 46歳

12月5日号

田村 和也さん

キャンドルナイト実行委員長を務める神奈川大学3年生の

田村 和也さん

六角橋在学 21歳

11月28日号

森 敬斗さん

ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから1位で指名された

森 敬斗さん

青葉区在住 17歳

11月21日号

名取 正暁さん

市消防局が制作した火災予防絵本の原作者で、予防部長の

名取 正暁さん

三ツ沢出身 57歳

11月14日号

出井 敏博さん

埼玉西武ライオンズからドラフト育成1位で指名された、神奈川大学野球部に所属する

出井 敏博さん

六角橋在住 22歳

11月7日号

荻原 朋子さん

横浜銀行アイスアリーナでスケートを習っている

荻原 朋子さん

90歳

10月31日号

信時 正人さん

スマートイルミネーション横浜2019の実行委員長を務める

信時 正人さん

63歳

10月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月21日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

神奈川区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

神奈川区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク